ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2018年高校総体 東海学園高校(愛知県代表)のインターハイを振り返る


写真(参照:東海学園高等学校サッカー部公式HP

2018年高校総体 東海学園高校(愛知県代表①)のインターハイを振り返る

戦績

1回戦 東海学園   1-2   盛岡商業高校

2018年度インターハイ全試合の結果はこちらから

出場メンバー(☆:キャプテン)

氏名 / 学年 / 元所属チーム
GK
1 時野隆太郎 / 3年(名東クラブ
16 廣泰次郎 / 3年(みずほFC)

DF
2 水野瑛規 / 3年(東海スポーツ)
3 バエッサ・フェリペ / 3年(Nagoya S.S)
4 中島希純 / 3年(FCプレジール)
6 稲田輝 / 3年(フェルボール愛知)
12 都築卓也 / 2年(元ホペイロ刈谷・現刈谷JY
岡戸銀飛 / 2年(元ホペイロ刈谷・現刈谷JY

MF
5 兵藤日向 / 3年(元ホペイロ刈谷・現刈谷JY
7 加藤謙真 / 3年(瀬戸FC)
8 秋山陽一朗 / 3年(名古屋FC)
10 柴田大翔 / 3年(元ホペイロ刈谷・現刈谷JY)☆
11 岩木神樹 / 3年(SC豊田)
15 平岩伶也 / 2年(東海スポーツ)
松田和也 / 2年(東海スポーツ)
篠森幹大 / 2年(三好FC)

FW
9 李慧勲 / 3年(Nagoya S.S)
13 オルネラス・ビニシウス / 3年(Nagoya S.S)
14 塚原翔輝 / 2年(SC豊田)
17 楠本羽翼 / 3年(FC四日市)

※全国大会の登録メンバーとは異なる可能性があります。分かり次第反映いたします。

参照:JFA東海学園高等学校サッカー部公式HP

1回戦:vs  盛岡商業高校

気温30度、湿度70%となった12:00にキックオフ。

まずペースを掴んだのは東海学園。11 岩木神樹選手を中心に盛岡商業高校ゴール前まで迫りますが、なかなか決定機を決めきれません。そんな中、試合が動いたのは前半18分、盛岡商業がクロスボールを頭で合わせ先制。東海学園は前半4本のシュートを放つも盛岡商業の堅守に阻まれ、このまま0-1で折り返します。

後半に入ると両校が攻撃の手をゆるめず、激しい攻防戦となります。61分、途中出場の東海学園17 楠本羽翼選手の執念のシュートが盛岡商業のネットを揺らし同点!1-1と試合を振り出しに戻します。

しかし、試合終了間際の69分、盛岡商業がまたもヘディングシュートで勝ち越し点。東海学園も最後まで諦めず果敢に攻めますが、そのまま試合終了のホイッスル。1-2で東海学園は 2018年度全国大会 1回戦敗退となりました。

動画特集

2018.5.26 愛知県高校総体決勝リーグ第1節 東海学園vs刈谷 前半

2018.5.26 愛知県高校総体決勝リーグ第1節 東海学園vs刈谷 後半

2018.5.26 東海学園 円陣

最後に

愛知県大会では、怪我で欠いていた選手も含めチーム一丸となって接戦を勝ち抜いてきた東海学園高校。その堅い守りを武器に、全国の舞台で柴田キャプテンを中心にゴールへと向かう姿は素晴らしく頼もしいものでした。1回戦惜敗の悔しさを糧に、みなさんが更に成長されることと信じています。東海学園高校のみなさん、お疲れさまでした!今後のご活躍を応援しています!

寄稿者プロフィール

JUNIORSOCCER NEWSニュース副編集長/東海エリア責任者anan
超文系。卒論テーマは平家物語。
読書が趣味ですが、最近はもっぱら寝落ちする毎日。
いつの間にか家族の中で一番小さくなっていて時の流れを感じています。

ジュニア世代も、ジュニアユース世代も、ユース世代も、サッカーに関わる子どもたちが、キラキラな瞳でボールと遊べることをいつも願っています。

皆さんと一緒に頑張る子どもたちをこれからもずっと応援していけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします^^

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top