ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

ご意見いただきました!【みんなのトレセン】「受かりやすい選手」はどんな選手!? トレセンコーチ・指導者インタビュー

前回の記事『投稿いただいた事例も掲載!【本気でトレセンに受かりたい子必見】「受かりやすい理想の選手像」はあるの!?』に続く後編です!

前回の記事では、トレセン制度の仕組み、そして、各地のサッカー協会や連盟が公表している「理想の選手像」や「テスト内容」、そして記事を読んで投稿してくださった方からの情報をご紹介しました。

今回は、トレセン選考会の現場に近い方達からのご意見として、選考会に選手を送り出すチーム関係者と選考スタッフのインタビューをご紹介します。

※2019.6.27ユーザー様よりご意見をご投稿いただきましたのでご紹介します。
「投稿内容:
田舎のトレセンですが
非常に不透明な選考ですね
その時の監督コーチの意向で明らかに
運動量身体能力の無い中体連が多く選ばれたり
はたまた一応選考会と思われる招集メンバー名簿にない選手が選ばれたりめちゃくちゃです
保護者は兎も角招集された選手達が声を揃えて言ってる
所を見ると多分選考基準が曖昧というか明確になって
いないのでしょう
確かに普段チームではプレーしていないポジション
を試される事あるのでしょうが
MF登録で最近はチーム事情でセンターバックをやっ
ている選手にトップ下やサイドハーフをさせてハイ
不合格ですと言われても説明も無い中で当チーム
の選手は不信感一杯で増して名簿に名前が無かった
選手が次から登録されてますから
聞かれた私も答えられませんでしたね
当チームの他の参加選手も次からは無駄なので
遠慮しますと言われてしまった所です」

ご投稿、誠にありがとうございました!
これからも皆さんのさまざまなご意見をお待ちしております。

▼シリーズ一覧・配信予定はこちら

トレセン選考現場からの声!

ジュニアサッカーNEWSは、選手をトレセン選考会に送り出す側のチーム関係者と、トレセンメンバーの選考に関わるスタッフにインタビューを敢行!
トレセン選考をとりまく現場から、生の声をお届けします!

※下記の意見は、サッカー協会の示す公式な見解ではありません。
あくまでも一つの意見として参考にしてください。
また、サッカー協会へのお問い合わせ等はお控えください。

どんな選手が受かりやすいのでしょうか?

トレセンコーチA
JFAがおろしてきている指導があり、こういう選手が欲しいというものが来ているので、それに即した形での選考になりますね。
チーム代表
どこに行ってもだれとでもなじみ、自己主張が出きる子は受かりやすいと思いますよ。逆にいつものプレーができないのに受かる、ということはないですね。
チーム監督A
チャレンジして1人くらい抜く、という技術がある子が受かっている。積極的に声を出す子も選ばれやすいですね。自分が目立ちたいというタイプで、メンタル面が強い子が選ばれ易いと思う。
チーム監督B
基礎的な部分。止める、蹴る、運ぶ。それがきっちりできること。そのほか、ストロングポイント。絶対負けないところがあるといい。積極的に準備したりする姿勢も大切です。
トレセンコーチB
多様なポジションができて、右左シュートパス、いろいろな選択肢を自分の中に持っている子が受かりやすいです。チームの練習で周りの子を引っ張っている子も選ばれやすいという印象です。
チーム代表
もらう声、味方を助ける声(今フリー)が有効ですね。注目を集めてプレーが雑だと意味はないですが、注目を集めてプレーが丁寧だったり、そこで良いパフォーマンスがあればよい評価が得られます。

体が大きいとか、足が速いという要素は影響しますか?

トレセンコーチA
キーバー、センターバックは背の大きい子を積極的にとるようにしています。現在の技術で足りなくてもキーパーは大きい子を入れることはあります。
チーム代表
サッカー的な技術があるのはもちろんとして、身体能力は高いのが有利ですね。早熟な子が有利という面もあると思います。
チーム監督A
ぶっちゃけ今目立つ子が受かっています。ボール扱いがうまい子です。スピードや体の大きさという面では小学生に限って言うと、早熟な子。なおかつ、足元の技術がある子は受かりやすいです。
チーム監督A
トレセンで受かる子は、運動能力が優れている。トレセン受かりたいと思ったら、ボールテクニックとフィジカルで目立つ選手になればいい。それがサッカーうまいかどうかは別かもしれませんが・・・。
チーム監督B
小学生は個の技術(ボールを扱う技術)が見られると思う。中学生になると個の技術+体の大きな子、背の高い子、足の速い子(プラスアルファ)がないと受からないと思う。

ざっくりインタビュー結果をまとめると・・・

・普段の力をトレセン選考会の場で出せる、良い意味で自己主張ができる子は受かりやすい。
・小学生年代の間は、身体の大きさや身体能力が高いと有利。
・フィールドプレーヤーはトレセン選考会時点で、ボール扱いが上手く、足元の技術が高い、目立つタイプが受かりやすい。

という結果になりました。
ご協力いただいた皆さん、貴重なご意見をありがとうございました!

※こちらの意見は、サッカー協会の示す公式な見解ではありません。
あくまでも一つの意見として参考にしてください。
また、サッカー協会へのお問い合わせ等は控えてください。

関連記事

最後に

まだまだ、謎のベールに包まれたトレセン選考会。ジュニアサッカーNEWSでは、さらに監督やコーチ、トレセンスタッフの方にインタビューを行い、様々な角度からの見解をご紹介していく予定ですので、お楽しみに!

実際にはこんな選考内容もある!という事例や体験談などをお寄せください。

シリーズ一覧・配信予定はこちら

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括副編集長mar
1974年生まれ 現在福岡県在住。WEBライター歴7年。主に引越しや子育て、教育分野のコラムを執筆。
2016年11月からジュニアサッカーNEWSライター。
現在副編集長 兼 福岡県担当。

夏の暑さから一転、あっという間に寒いさむいと着ぶくれる日々になりました。
皆さま2018年はどんな一年でしたか?

2019年は新年号に変わることも予定されており、何か新しい時代を迎えそうな予感がしますね。

時代の変化を楽しみつつも、翻弄されすぎずに過ごしたいと思います。
2019年もどうぞよろしくお願いいたします♪

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top