ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

久保健英選手、飛び級でU-18公式戦デビュー!

U-14年代がU-17の公式大会に出場

天才少年の名前をほしいままにし、スペインにわたってバルセロナ下部組織に入団。バルセロナ下部組織から2015年5月にFC東京U-15むさしに加入した久保健英選手が、今季からU-18に飛び級しました。

先日、東京都U-17選手権に途中出場した久保選手ですが、このチームの主体は高校2年生。久保選手は現在中学2年生のため、3年年上の選手とプレーしていることになります。

photo:Rufino

東京都クラブユースサッカーU-17選手権大会について

現在、FC東京ユースは東京都クラブユースサッカーU-17選手権大会で11月29日まで行われた1次予選を経て、決勝リーグのBブロックで戦っています。

Bブロックは4チームリーグで行われており、AブロックとBブロックの各1位チームが決勝戦を行い、優勝チームが決まります。

久保選手のユースデビュー戦となったのは、1月24日の第1戦、C.A.SeisRayosとの一戦でした。

これから、横河武蔵野FC、トリプレッタとの試合を経て、1位抜けした場合には、2月11日(水・祝)が順位決定戦です。

1月24日(日)までに行われた他の試合では、

Aブロック

三菱養和SC 12-1 杉並FC
東京ヴェルディ 0-0 町田ゼルビア
町田ゼルビア 3-1 杉並FC

Bブロック

横河武蔵野FC 1-1 トリプレッタ
FC東京 4-0 SeisRayos

となっています。

kubo

久保選手の活躍及び、これによって東京都U-17選手権自体も注目を集める可能性があります。ユース選手たちの活躍に期待します。

久保選手について詳しくはこちら

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括編集長/事業戦略部水下 真紀
Maki Mizushita
1974年生まれ。群馬県出身、東京都在住。フリーライターとして地方紙、店舗カタログ、webサイト作成、イベント取材などに携わる。2015年3月からジュニアサッカーNEWSライター、2017年4月から編集長、2019年4月から統括編集長/事業戦略部。ジュニアサッカー応援歴14年。

第98回高校サッカー選手権予選を最後に息子が引退。
高3の11月から受験生になりました。
高校2年生の保護者の方がもしここを見ていたら、
「たったの2か月でセンター爆上げは無理だから今からがんばれ」と
お子さまに教えてあげていただきたいです…

まだ小学生、中学生のお子さんをお持ちの皆様がうらやましいです。
今しかない瞬間、親も楽しんじゃってください!

サッカーにかかわるすべての人を応援しています。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top