ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【U-15強豪チーム紹介】愛知県 刈谷JY( 東海地域サッカーリーグ所属 2019年度クラブユース選手権県予選免除)

お写真:ご提供いただきました!

高円宮杯全日本ユース(U-15)東海大会 2019

1回戦 刈谷JY 6-0 FC桜が丘
2回戦 刈谷JY 3-0 愛知FC
3回戦 刈谷JY 1-0 藤枝東FC
準決勝 刈谷JY 2-0  豊田AFC
決勝 刈谷JY 3-0 名古屋グランパス
優勝

高円宮杯全日本ユース(U-15)東海大会 2017

※シードのため2回戦から出場
2回戦 KARIYA JY 4-1 ソシエタ伊勢
3回戦 KARIYA JY 0-1 JFAアカデミー福島
第3位

高円宮杯全日本ユース(U-15)東海大会2017の詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS

チーム基本情報

指導方針

「PLAYE’S FIRST」を念頭に置き、高校サッカー及びJクラブユースへの供給源として選手の可能性を最大限に引き出すことに特化します。 早い段階での上のカテゴリーへと引き上げるいわゆる「飛び級」の活用、チームを越えた経験豊富な指導者のもとクリエイティブなプレーヤーの育成を目指します。
KARIYA Jr YOUTH 公式HPより抜粋)

■活動場所
愛知県刈谷市

■指導者
コーチ:矢野隼人
コーチ:吉村大輝
コーチ:加藤吉昭
コーチ:鈴木理記
コーチ:太田好法
コーチ:木邑竜章
コーチ:兒玉啓哉

■選手人数情報
各学年40名前後

■練習時間
火曜日・木曜日 18:00~20:30

■練習場所
グリーングランド刈谷 人工芝
青山グランド
トヨタ車体刈谷ふれ愛パーク
ホペイロ エスタディオ

■2017年度所属リーグ
東海地域リーグ(U-15)2017
(出典元:ジュニアサッカーNEWS

■過去の戦績
2017年(平成29年度)
東海地域リーグ(U-15)2017 3位
(出典元:ジュニアサッカーNEWS
高円宮杯全日本ユース(U-15)東海大会 3位
(出典元:ジュニアサッカーNEWS

2016年(平成28年度)
東海地域リーグ(U-15)2016 6位
(出典元:ジュニアサッカーNEWS
高円宮杯全日本ユース(U-15)東海大会 ベスト8
(出典元:ジュニアサッカーNEWS

2015年(平成27年度)
東海地域リーグ(U-15)2015 8位
(出典元:東海クラブユースサッカー連盟
高円宮杯全日本ユース(U-15)東海大会 3位
(出典元:ジュニアサッカーNEWS

■Jリーガー輩出歴
光崎伸
(出典元:J.LEAGUE.JP
山田寛人
(出典元:J.LEAGUE.JP

■その他の特筆すべき戦績
2017 JCYインターシティカップ(U-15)WEST  9位
(出典元:ジュニアサッカーNEWS
2016 JCYインターシティカップ(U-15)WEST 19位
(出典元:ジュニアサッカーNEWS
2015 JCYインターシティカップ(U-15)WEST 17位
(出典元:ジュニアサッカーNEWS

2016 日本クラブユースサッカー選手権東海大会出場
(出典元:ジュニアサッカーNEWS
2015 日本クラブユースサッカー選手権東海大会ベスト8
(出典元:ジュニアサッカーNEWS

■セレクション あり
2018年度セレクション情報 (準備中)

■費用
年会費 10,800円
月謝 10,800円
情報いただきました。ありがとうございます!

■連絡お問い合わせ先
tel:080-4151-9089(コーチ:矢野)090-3152-3621(コーチ:吉村)
住所:愛知県刈谷市築地町2-4-27(ROUPEIRO接骨院)

(出典元:KARIYA Jr YOUTH 公式HP

[sc name=”newadsense”]

関連記事

高円宮杯サッカーリーグ(U-15)のしくみ完全理解!あなたのチームは今どこにいますか?

口コミ情報募集中!

KARIYA JY について、ご存じの情報がありましたら下記よりご投稿お願いします!

最後に

2017年度高円宮杯全日本ユース(U-15)東海大会第3位の成績を収め、愛知県トレセン・東海トレセンに、毎年選手を輩出しているKARIYA JYです。日本サッカー協会公認S級・A級・C級ライセンス保持者のコーチのもと、文武両道に取り組み、高校進学やセカンドキャリアに幅広い選択肢を持てるよう活動しています。小学生の皆さんの進路を考える際にお役立ていただけると幸いです。

寄稿者プロフィール

JUNIORSOCCER NEWSニュース副編集長/東海エリア責任者anan
超文系。卒論テーマは平家物語。
読書が趣味ですが、最近はもっぱら寝落ちする毎日。
いつの間にか家族の中で一番小さくなっていて時の流れを感じています。

ジュニア世代も、ジュニアユース世代も、ユース世代も、サッカーに関わる子どもたちが、キラキラな瞳でボールと遊べることをいつも願っています。

皆さんと一緒に頑張る子どもたちをこれからもずっと応援していけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします^^

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top