ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2014年度 フジパンカップ 第46回九州ジュニア(U-12)サッカー大会 優勝はヴィクサーレ沖縄FCジュニア!

127328941_eebf75c078_zcredit: Jarrett Campbell?via FindCC

フジパンカップ 九州ジュニアサッカー大会

【日程】

1回戦、2回戦:平成27年3月7日(土)
準決勝、決勝:8日(日)

【場所】

佐賀県総合運動場(佐賀県佐賀市日の出2丁目1-10)

【概要】

・九州サッカー協会が主催、フジパングループが協賛しているためフジパンカップと呼ばれています。

・東北、関東、関西、中国、九州の5つの地区で毎年開催されている大きな大会。

・各県代表2チームの計16チームが参加。

大会概要(参照サイト:フジパン株式会社HP)

2014年度の結果

優勝:ヴィクサーレ沖縄FCジュニア(沖縄県)
準優勝:BUDDY・FC(福岡県)
3位:サガン鳥栖U-12(佐賀県)、大分トリニータジュニア(U-12)(大分県)

<決勝>

ヴィクサーレ沖縄FCジュニア 1-0 BUDDY・FC

<準決勝>

ヴィクサーレ沖縄FCジュニア 2-0 大分トリニータジュニア(U-12)
BUDDY・FC 3-1 サガン鳥栖U-12

フジパン九州

フジパン九州1

結果はこちら(参照サイト:フジパン株式会社HP)

?2014年度 各県大会の結果

■福岡県

優勝:BUDDY・FC
準優勝:篠栗
3位:FARFALLA

その他の結果はこちら

■長崎県

優勝:JFCレインボー長崎
準優勝:高尾SSS
3位:森岳SSS、スネイルSC

その他の結果はこちら

■佐賀県

優勝:サガン鳥栖U-12
準優勝:FCノーティーズ
3位:PLEASURE SC、FCエスペランサジュニア

その他の結果はこちら

■大分県

優勝:大分トリニータジュニア(U-12)
準優勝:ブルーウイングフットボールクラブ
3位:スマイス・セレソン A、Shynt FC A

その他の結果はこちら

■熊本県

優勝:ソレッソ熊本U-12V
準優勝:アスフィーダ熊本U-12R
第3位:シャルムFC熊本、アルバランシア熊本FC A

その他の結果はこちら

■鹿児島県

優勝:飛松FC
準優勝:アルティエーレ
3位:太陽SC、太陽SC国分

その他の結果はこちら

■宮崎県

優勝:恒久
準優勝:アリーバ
3位:太陽延岡SC、旭スポーツFC

その他の結果はこちら

■沖縄県

優勝:ヴィクサーレ沖縄FCジュニア
準優勝:エスペランサFC

その他の結果はこちら

関連記事まとめ

フジパンカップ 第46回九州ジュニア(U-12)サッカー大会に関する記事をまとめてみました。

■九州大会公式結果

フジパンカップ 46回九州ジュニアサッカー大会結果(参照サイト:九州サッカー協会HP)

フジパンカップ 46回九州ジュニアサッカー大会結果(参照サイト:フジパン株式会社HP)

■九州大会関連記事

関連記事(参照サイト:九州朝日放送HP)

過去大会の結果

【2013年度の結果】

優勝:太陽スポーツクラブU-12(鹿児島県)
準優勝:PLEASURE SC(佐賀県)
3位:ソレッソ熊本U-12(熊本県)、FC BIGWAVE(熊本県)

その他の結果はこちら(参照サイト:九州サッカー協会HP)

関連記事、その他の結果はこちら(参照サイト:九州朝日放送HP)

関連記事(参照サイト:PLEASURE SCブログ)

【2012年度の結果】

優勝:太陽スポーツクラブ国分(鹿児島県)
準優勝:ソレッソ熊本U-12(熊本県)
3位:スマイス・セレソン(大分県)、アルディートフットボールクラブ(長崎県)

その他の結果、関連動画、記事はこちら(参照サイト:九州朝日放送HP)

関連記事(参照サイト:太陽スポーツクラブ国分ブログ)

最後に

2014年度のフジパンカップ?第46回九州ジュニアサッカー大会は沖縄県代表ヴィクサーレ沖縄FCジュニアが大会無失点での完全優勝を飾りました。

決勝は圧倒的な強さを誇る福岡代表BUDDY・FCとの対戦。熱戦が繰り広げられました。0-0で後半終了かと思われたところ、残り30秒でヴィクサーレが得点し1-0で勝利をつかみました。

沖縄県勢のフジパンカップ優勝は19年ぶりでした。他大会でもヴィクサーレの活躍に期待したいですね。

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード統括責任者/事業戦略部梅野 唯
1986年生まれ。愛媛県松山市出身。福岡市在住。2014年4月株式会社グリーンカード入社。統括責任者/事業戦略部。

2019年はグリーンカードに新たな仲間が加わり、新規事業が立ち上がり、会社としては大躍進の1年でした。

2020年は2019年に動き出した事業を本当に人の役に立つものにできるよう磨き上げていきたいと思います。

ジュニアサッカーNEWSは今後も多くの皆さんに喜んでいただけるよう精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top