ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2014年度 第38回全日本少年サッカー大会 鹿児島県大会 優勝は太陽スポーツクラブ!

5730074290_c45ccdd46c_bcredit: ?tlc? via FindCC

第38回 全日本少年サッカー大会 鹿児島県大会

【日程】

■トーナメント 2014年6月8日(日)
■3回戦、4回戦 6月14日(土)
■5回戦、準々決勝 6月15日(日)
■準決勝、決勝 6月22日(日)

【場所】

■3回戦、4回戦:霧島市国分多目的グラウンド(霧島市国分下井2512) 、健康の森公園グラウンド(鹿児島市犬迫町825)、県立吹上浜海浜公園多目的広場(南さつま市加世田高橋1936‐2) 、樋脇丸山自然公園グラウンド(薩摩川内市若松町 3番10号)
■5回戦、準々決勝:樋脇丸山自然公園グラウンド
■準決勝、決勝:霧島市国分総合運動公園陸上競技場(霧島市国分清水309)

【概要】

通称「全日(ぜんにち)」と呼ばれる、ジュニア年代で最も注目を集める大会と言われています。

2014年度までは6年生の4~6月に予選が行われていましたが、2015年度からは年間を通して行われるリーグ戦が予選を兼ね、秋冬に県大会が行われる予定です。

大会の進め方は以下の通りです。

・参加全チームによるトーナメント戦とする。

・優勝チームは第38回全日本少年サッカー大会全国大会への出場権を得る。

大会概要(参照サイト:鹿児島少年サッカー応援団)

【2014年度の結果】

優勝:太陽スポーツクラブ
準優勝:FC加治木
3位:川上フットボールクラブ、カタージャ川内

<決勝>

太陽スポーツクラブ 3-0 FC加治木

<準決勝>

太陽スポーツクラブ 4-1 カタージャ川内
FC加治木 3-2 川上フットボールクラブ

全日 トーナメント 鹿児島

(参照サイト:日本サッカー協会)

優勝チーム紹介 太陽スポーツクラブ

全日 優勝チーム 鹿児島

■監督・選手のコメント

宝徳浩二 監督(太陽スポーツクラブU-12)
準決勝では選手が緊張していましたが、決勝は落ち着いてプレーしてくれたと思います。選手たちには、細かい戦術よりも、自分たちで考え、判断してプレーすることが大事だと伝えています。今日の試合前にも「準決勝・決勝だからといって特別なことはせず、普段通りのプレーをしよう」と伝えました。準決勝で活躍したFC加治木・坂元選手に気をつけるように言いましたが、対応した四俣選手はスピードがあって1対1にも強いので、しっかりやってくれるだろうと思っていました。3年前に出場した際には全国大会で2次ラウンドまで進みました。今回は決勝トーナメントに進出したいと思っています。

古薗汰久己 選手(太陽スポーツクラブU-12 キャプテン)
今日の試合に出られなかった選手もいるので、優勝して全国大会に出場できて良かったです。僕たちのチームは全体的に身体能力が高く、足が速い選手もいて、周りを活かすサッカーができるのが特徴です。また試合中にみんながいろいろなことを自分たちで考えて、どんどん実行していけるチームです。全国大会での目標は得点を決めて、優勝したいと思います。

参照サイト:日本サッカー協会

関連記事まとめ

■公式結果
参照サイト:日本サッカー協会

■関連記事
関連記事(参照サイト:F.Cuore)

■全国大会
2014年度 第38回全日本少年サッカー大会 決勝大会(ジュニアサッカーNEWS)
第38回全日本少年サッカー大会(参照サイト:日本サッカー協会)

過去大会の結果

【2013年度の結果】

優勝:飛松FC
準優勝:太陽スポーツクラブ
3位:太陽スポーツクラブ国分、加治木
その他の結果はこちら(参照サイト:ジュニアサッカーを応援しよう)

【2012年度の結果】

優勝:川上フットボールクラブ
準優勝:太陽スポーツクラブ国分
3位:アミーゴス鹿児島、錦江台

その他の結果はこちら(参照サイト:ジュニアサッカーを応援しよう)

最後に

2014年度の全日本少年サッカー大会 鹿児島県大会は、昨年準優勝で涙をのんだ太陽スポーツクラブが優勝を飾りました。太陽スポーツクラブは、3年ぶり2度目の優勝となります。

全国大会でも、攻守ともにバランスのいいサッカーで検討しましたが、残念ながら予選リーグ3位にて敗退となりました。全国のレベルを肌で感じた彼らがこれからどう成長するか、楽しみです。

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード統括責任者/事業戦略部梅野 唯
1986年生まれ。愛媛県松山市出身。福岡市在住。2014年4月株式会社グリーンカード入社。統括責任者/事業戦略部。

2019年はグリーンカードに新たな仲間が加わり、新規事業が立ち上がり、会社としては大躍進の1年でした。

2020年は2019年に動き出した事業を本当に人の役に立つものにできるよう磨き上げていきたいと思います。

ジュニアサッカーNEWSは今後も多くの皆さんに喜んでいただけるよう精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top