ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2014年度 全日本少年サッカー大会 沖縄県大会 優勝はエスペランサFC!

7877313848_73219832d7_zcredit: ?tlc? via FindCC

第38回全日本少年サッカー大会 沖縄県大会

【日程】

■1回戦 2014年6月15日(日)
■準々決勝、準決勝 6月21日(土)
■3位決定戦、決勝 6月22日(日)

【場所】

■1回戦:八重瀬町東風平サッカー場(島尻郡八重瀬町東風平1074番地)、八重瀬町具志頭陸上競技場(島尻郡八重瀬町字具志頭1300番地)、沖縄県営平和祈念公園都市公園(糸満市字摩文仁444番地)、豊見城市総合運動公園陸上競技場(豊見城市字平良536番地)
■準々決勝、準決勝:西原町東崎公園サッカー場(中頭郡西原町字東崎5-1 )
■3位決定戦、決勝:南風原町黄金森公園陸上競技場(島尻郡南風原町字宮平718番地の1)

【概要】

通称「全日(ぜんにち)」と呼ばれる、ジュニア年代で最も注目を集める大会と言われています。

2014年度までは6年生の4?6月に予選が行われていましたが、2015年度からは年間を通して行われるリーグ戦が予選を兼ね、秋冬に県大会が行われる予定です。

大会の進め方は以下の通りです。

・地区代表44チーム(那覇10、島尻7、南中頭4、沖縄市5、浦添4、北中頭7、北部4、宮古2、石垣1)及びIA共済カップ第27回沖縄県ジュニアサッカー(U_11)大会ベスト4(ゲイクサーレ沖縄FCジュニアA、比屋根FCA、1FC宮城、Wウイング沖縄TFCA)の4チームを含めて予選リーグ戦を行い、上位1チームが決勝トーナメントに進出する。

・優勝チームは、第38回全日本少年サッカー大会へ沖縄県代表として派遣、推薦し、その出場を義務付ける。

・2位、3位、4位チームは『第2回全九州少年サッカーフェスティバルin宮崎』への出場権利が、ジュニア委員会より与えられる。

・ベスト4の4チームは2014おきぎんJカップ第36回沖縄県ジュニアサッカー(U_12)大会のシード権を得る。

大会概要(参照サイト:KA-KA-ZU2014)

【2014年度の結果】

優勝:エスペランサFC
準優勝:識名FC
3位:ヴィクサーレ沖縄FCジュニアA

<決勝>
エスペランサFC 1-0 識名FC

<準決勝>
エスペランサFC 1-0 ヴィクサーレ沖縄FCジュニアA
識名FC 1-1(PK:4?3)1FC宮城

<3位決定戦>
ヴィクサーレ沖縄FCジュニアA 4-1 1FC宮城

全日 トーナメント 沖縄

その他の結果はこちら(参照サイト:沖縄県サッカー協会)

地区予選の結果

■沖縄市地区

優勝:美東FC
準優勝:FC北谷
3位:美原クラブ

その他の結果はこちら

■北中頭地区

優勝:フェルサA
準優勝:古堅A
3位:与那城A

■石垣地区

優勝:新川ドルフィンズ

結果はこちら

■南中頭地区

優勝:琉大フリーバーズSC
準優勝:普天間フェニックス
3位:FC琉球U?12

その他の結果はこちら

■浦添地区

優勝:沢岻ティーダキッズ
準優勝:SC仲西
3位:神森JFC

その他の結果はこちら

■那覇地区

優勝:仲井真・真地SC
準優勝:エスペランサFC
3位:城北FC

その他の結果はこちら

■宮古地区

優勝:平良第一FC
準優勝:宮古南FC

その他の結果はこちら(参照サイト:平良第一FC)

■島尻地区

優勝:佐敷JFC
準優勝:伊良波シューターズ
3位:豊見城キッカーズ

その他の結果はこちら

優勝チーム紹介 エスペランサFC

全日 優勝チーム 沖縄

■監督・選手のコメント

石井祐司 監督(エスペランサFC)
FWで点取り屋の友寄選手に期待していました。彼のシュートがポストに当たり、そこに遠山選手がうまく詰めてくれました。登録9人だけのチームですが、そのうちの1人が先週から腸炎になって、今大会は8人で戦ってきました。昨年はFC琉球U-12として全国大会に行った選手が3人います。まだ5年生だったのでほとんどプレーが通用せずに泣いて帰ってきましたが、それでも全国大会という舞台の楽しさを彼らはよくわかっていて、今年は中心になってチームをここまで引っ張ってくれました。

兼島幸大 選手(エスペランサFC キャプテン)
優勝できてうれしいです。ゴールシーンは自分がボールを持った時に、友寄選手がフリーだったのでチャンスだと思いました。大会を振り返ると、昨日の準決勝で頑張って守り、1?0で勝てたのがポイントでした。全国大会はパスサッカーで崩して相手のDFラインの裏を取る動きを見せて勝ちたいです。将来の目標は、スペイン代表のシャビ選手とビジャ選手です。

参照サイト:日本サッカー協会

関連記事まとめ

■沖縄県大会結果
詳細はこちら

■関連記事
関連記事(沖縄少年サッカー応援団)

■全国大会
2014年度 第38回全日本少年サッカー大会 決勝大会(ジュニアサッカーNEWS)
第38回全日本少年サッカー大会(参照サイト:日本サッカー協会)

過去大会の結果

【2013年度の結果】

優勝:FC琉球
準優勝:ヴィクサーレ沖縄FCジュニア
3位:古堅FC、与那城FC

【2012年度の結果】

優勝:宇栄原FC
準優勝:高良FC
3位:嘉数小JFC

最後に

2014年第38回全日本少年サッカー大会沖縄県大会は、エスペランサFCが優勝し、悲願の全国大会初出場を飾る結果となりました。

速攻を誇るエスペランサFCのパスサッカーでしたが、失点の多さが響き、惜しくも予選リーグを抜けることはできませんでしたが、埼玉県代表のレジスタFC、広島県代表のサンフレッチェ広島などの強豪を相手に臆せず戦いました。

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード統括責任者/事業戦略部梅野 唯
1986年生まれ。愛媛県松山市出身。福岡市在住。2014年4月株式会社グリーンカード入社。統括責任者/事業戦略部。

2019年はグリーンカードに新たな仲間が加わり、新規事業が立ち上がり、会社としては大躍進の1年でした。

2020年は2019年に動き出した事業を本当に人の役に立つものにできるよう磨き上げていきたいと思います。

ジュニアサッカーNEWSは今後も多くの皆さんに喜んでいただけるよう精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top