ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2014年度 全日本少年サッカー大会 宮崎県大会 優勝はアリーバFC!

4600719860_fc602ace0b_zcredit: KC DotNet via FindCC

第38回 全日本少年サッカー大会 宮崎県大会

【日程】

■予選 2014年6月14日(土)、15日(日)、21日(土)
■決勝 6月22日(日)

【場所】

■予選:妙田グランド(延岡市長浜町3-1954-5)、延岡市西階運動公園陸上競技場(延岡市西階町1丁目3800番地)、延岡市須美江海浜公園(宮崎県延岡市須美江町1450-2)、延岡市北浦町海浜公園(延岡市北浦町古江)、門川海浜公園(東臼杵郡門川町加草5丁目1番地)
■決勝:宮崎県総合運動公園 木の花ドーム(宮崎市大字熊野1443-12)

【概要】

通称「全日(ぜんにち)」と呼ばれる、ジュニア年代で最も注目を集める大会と言われています。

2014年度までは6年生の4?6月に予選が行われていましたが、2015年度からは年間を通して行われるリーグ戦が予選を兼ね、秋冬に県大会が行われる予定です。

大会の進め方は以下の通りです。

・参加チームのトーナメント形式で行う。

・「日産グループ杯九州ジュニアU-11サッカー宮崎県大会」のベスト8をシードチームとする。なお、2014年度のシードチームは以下の通り。
(宮崎東SS、太陽延岡SC、アヴァンツァーレ宮崎FC、アリーバFC、大宮FC、木之川内SS、細野SC、宮崎南SS)

・本大会の優勝チームは、全国大会(8月3日?8月9日 静岡県御殿場高原時之栖 裾野グランドで行われる)への出場権を得る。

・また、準優勝並びに3位(2チーム)は、第2回九州地区少年サッカーフェスティバルin宮崎(8月1日?3日 宮崎県総合運動公園で行われる)への出場権を得る。

・本大会のベスト8のチームは、JA共済杯宮崎県少年サッカー大会のシード権を得る。

大会概要(参照サイト:宮崎少年サッカー応援団)

【2014年度の結果】

優勝:アリーバFC
準優勝:木ノ川内サッカースポーツ少年団
3位:旭スポーツFC、MIYAZAKIフェニックスFC

<決勝>
アリーバFC 1-0 木ノ川内サッカースポーツ少年団

<準決勝>
アリーバFC 2-0 旭スポーツFC
木ノ川内サッカースポーツ少年団 1-0 MIYAZAKIフェニックスFC

全日 トーナメント 宮崎

その他の結果はこちら(参照サイト:宮崎少年サッカー応援団)

優勝チーム紹介 アリーバFC

全日 優勝チーム 宮崎

■監督・選手のコメント

日高勇二 監督(アリーバFC)
決勝はミスしたほうが負けるので、選手には球際に負けないようにと伝えました。CKのこぼれ球がアリーバFCの選手の前にこぼれて、そのちょっとした隙を突けたことが勝利に繋がりました。アリーバFCはドリブルとシュートが特徴のチームで、ドリブルが止まった時にはシュート、もしくはパスというコンセプトでやってきました。個人技主体のチームですが、この大会期間は守備から攻撃という形を徹底しました。前半終了時に1点リードしていたので、後半は2トップにして攻撃は2人だけに託し、ディフェンシブな形にして逃げ切りました。全国大会はリーグ戦なので、今日とは戦い方が違ってくると思います。パスを増やさないと夏の戦いはできません。失点をしないサッカーをしたいです。

黒木洋助 選手(アリーバFC キャプテン)
最高の仲間とチーム一丸となって戦い、試合にも勝てて良かったです。試合開始直後は緊張していましたが、自分たちのプレーができるように円陣を組んだり、声を掛け合い盛り上げました。次は全国大会、チャンスはあると思うので全国制覇を目標に頑張ります。

参照サイト:日本サッカー協会

関連記事まとめ

■公式結果
参照サイト:宮崎少年サッカー応援団

■全国大会
2014年度 第38回全日本少年サッカー大会 決勝大会(ジュニアサッカーNEWS)
第38回全日本少年サッカー大会(参照サイト:日本サッカー協会)

過去大会の結果

【2013年度の結果】

優勝:宮崎東サッカースポーツ少年団
準優勝:太陽宮崎SC
3位:MSU、MIYAZAKIフェニックスFC

関連記事【第37回全日本少年サッカー大会】宮崎県大会決勝レポート(参照サイト:ジュニアサッカーを応援しよう)

【2012年度の結果】

優勝:太陽延岡SC
準優勝:アリーバFC
3位:太陽宮崎SC、木ノ川内サッカースポーツ少年団

最後に

2014年度の宮崎県大会は、6試合を無失点で抑えたアリーバFCが勝利しました。そのディフェンス力は全国大会の予選リーグでも3試合の失点を6に抑えるなど、いかんなく発揮されました。

全チームがトーナメントにより出場チームを決める宮崎県大会は、組合せによって大会の趨勢が変わってくるため非常に目の離せない戦いが繰り広げられました。

2015年度からはリーグ戦の結果がシード権に影響すると言われています。どんな展開になるのか楽しみですね。

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード統括責任者/事業戦略部梅野 唯
1986年生まれ。愛媛県松山市出身。福岡市在住。2014年4月株式会社グリーンカード入社。統括責任者/事業戦略部。

2019年はグリーンカードに新たな仲間が加わり、新規事業が立ち上がり、会社としては大躍進の1年でした。

2020年は2019年に動き出した事業を本当に人の役に立つものにできるよう磨き上げていきたいと思います。

ジュニアサッカーNEWSは今後も多くの皆さんに喜んでいただけるよう精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top