ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2014年度 第38回全日本少年サッカー大会 大分県大会 優勝はブルーウイングFC!

6116196129_e136a69860_z credit: ?tlc? via FindCC

第38回 全日本少年サッカー大会大分県大会

【日程】

■1次リーグ 2014年6月1日(日)
■2次リーグ 6月8日(日)
■準決勝 6月14日(土)
■決勝 6月15日(日)

【場所】

■1次リーグ:県内各地域
■2次リーグ:フットボールセンター大分きつき(杵築市山香町野原700番地5) 、実相寺サッカー競技場(別府市大字鶴見3705番地)
■準決勝・決勝:大分スポーツ公園だいぎんサッカー・ラグビー場(大分市大字横尾1351)

1次リーグの開催場所詳細はこちら(参照サイト:大分県サッカー協会)

【概要】

通称「全日(ぜんにち)」と呼ばれる、ジュニア年代で最も注目を集める大会と言われています。

2014年度までは6年生の4?6月に予選が行われていましたが、2015年度からは年間を通して行われるリーグ戦が予選を兼ね、秋冬に県大会が行われる予定です。

大会の進め方は以下の通りです。

・県下の参加チームの中の地区代表36チームによる1次リーグ、2次リーグ、及びトーナメント方式(準決勝以上)により県代表チームを決定する。

・優勝チームは、第38回全日本少年サッカー大会 決勝大会(全国大会)に出場する義務を負う。

・県大会上位進出チームより、2014年8月1日-3日に行われる第2回全九州少年サッカーフェスティバルin宮崎に3チームを推薦する。
また、2014年8月22日-24日に行われる、九州ブロックスポーツ少年団サッカー交流大会in長崎に2チームを推薦する。

大会概要(参照サイト:大分県サッカー協会)

【2014年度の結果】

優勝:ブルーウイングFC
準優勝:明治北SSC
3位:KINGS FC、大分トリニータジュニア

<決勝>
ブルーウイングFC 4-4(延長1?0)明治北SSC

<準決勝>
ブルーウイングFC 3-0 KINGS FC
明治北SSC 2-2(PK:3-1) 大分トリニータジュニア

全日 トーナメント 大分

その他の結果はこちら(参照サイト:大分サッカー協会)

地区予選の結果

■大分地区予選

優勝:大分トリニータジュニア
準優勝:硯田

■宇佐高田地区

優勝:FC USA
準優勝:FC WAYS

その他の試合の結果はこちら(参照サイト:FC?USA)

優勝チーム紹介 ブルーウイングフットボールクラブ

全日 優勝チーム 大分

■監督・選手のコメント

古畑葵 監督(ブルーウイングフットボールクラブ)
立ち上がりは狙い通りでした。相手は最終ラインを高く設定してくるので、サイドのスペースを狙ったり裏のスペースを突くことができました。(決勝までは1失点できましたが、決勝は特別な舞台。2?3失点は覚悟していて、それ以上の点を取ればいいと考えていました。退場者を1人出してからは、守備を意識するようには選手に伝えました。選手は最後まで声を掛け合い、足を動かしました。よく頑張ってくれました。最近はパス主体のチームが多いですが、このチームはその時その時で相手が一番困るプレーをすることをコンセプトにしています。スタイルがないのがスタイルです。決勝の舞台でも自分たちで考えたプレーをしてくれました。昨年は全国大会に出場しましたが、レベルが高く1勝もできなかったので、今回は高い目標を持って挑みたいです。

高橋碧衣 選手(ブルーウイングフットボールクラブ キャプテン)
決勝は1、2点を争う試合になると思っていので、この得点の多さは意外でした。僕たちは後半の早い時間帯に退場者を出し、その選手が得点力のある選手だったので、「粘り強くプレーをしよう」とみんなで声を掛け合いました。延長戦で先制した時に勝てると思いました。その後は全員が必死でプレーして守り抜くことができて良かったです。大分県で1位になったので、全国でも1番を目指したいです。今日は父の日だったので、最高のプレゼントができて良かったです。
参照サイト:日本サッカー協会

関連記事まとめ

■公式結果
参照サイト:大分サッカー協会

■全国大会
2014年度 第38回全日本少年サッカー大会 決勝大会(ジュニアサッカーNEWS)
第38回全日本少年サッカー大会(参照サイト:日本サッカー協会)

過去大会の結果

【2013年度の結果】

優勝:ブルーウイングフットボールクラブ
準優勝:大分トリニータジュニアU-12
3位:別府フットボールクラブ・ミネルバU-12、明治北SSC

関連記事【第37回全日本少年サッカー大会】大分県大会決勝レポート(参照サイト:ジュニアサッカーを応援しよう)

【2012年度の結果】

優勝:スマイス・セレソン
準優勝:大分トリニータジュニア
3位:カティオーラFC、北郡坂ノ市SSS

最後に

2014年度の全日本少年サッカー大会 大分県大会は、ブルーウイングFCが2連覇を飾りました。

昨年度も全国大会に出場しながら、1勝もできなかった雪辱を、今回は予選リーグ2位という成績で2次ラウンドに進出しました。惜しくも2次ラウンドで敗退しましたが、6得点を挙げ、攻撃サッカーを全国に披露する結果となりました。

2015年度のバーモントカップはどんなドラマが待っているのでしょうか。今から楽しみですね。

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード統括責任者/事業戦略部梅野 唯
1986年生まれ。愛媛県松山市出身。福岡市在住。2014年4月株式会社グリーンカード入社。統括責任者/事業戦略部。

2019年はグリーンカードに新たな仲間が加わり、新規事業が立ち上がり、会社としては大躍進の1年でした。

2020年は2019年に動き出した事業を本当に人の役に立つものにできるよう磨き上げていきたいと思います。

ジュニアサッカーNEWSは今後も多くの皆さんに喜んでいただけるよう精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top