ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

U17日本代表、決勝トーナメントPK戦で惜敗、ベスト16敗退~FIFA U-17ワールドカップインド2017~

U-17日本代表こと「00ジャパン」は2017年10月6日(金)~10月28日(土)にインドで開催中のFIFA U-17ワールドカップに参加しています。
グループステージ全日程が終了し、U-17日本代表は1勝1分け1敗でグループEを2位で通過。決勝トーナメント1回戦では3連勝でグループFを首位で突破したU-17イングランド代表と対戦しました。
前半、優勝候補のイングランドが主導権を握ります。
14分、リアン・ブリュースターの右足シュートはGK谷がキャッチ、27分のブリュースターの強烈なシュートを放たれるも右ポストに助けられました。日本もチャンスを迎えますが、得点にはならず、前半はこのままスコアレスで折り返しました。
後半に入っても、イングランドが主導権を握り、日本は体を張って耐えしのぐ時間が続きます。そんな中、イングランドに疲れが見え始め徐々に日本ペースに。しかし、69分久保選手、76分宮代選手がシュートを放つもGKがセーブ。このまま両チームゴールネットを揺らすことはできずにPK戦へ突入となりました。
PK戦はFW久保選手が蹴ることなく、3-5で敗戦が決まりベスト16敗退となりました。

【スコア】
イングランド 0-0(PK5-3) 日本
                                                                                                                            ※(2017年10月18日正午現在)



監督・選手コメント

森山佳郎 監督
選手たちの最後まで諦めずに極限まで戦う姿に心を打たれました。選手たちとの2年半の旅は終わってしまいましたが、本当に素晴らしいハートを見せてくれました。格上の相手に対して、我慢しながらみんなで声を掛け合って戦い、組織的なサッカーを見せることができたのではないかと思います。足りなかった部分はゴールにつながるクオリティー、ゴールに向かう迫力、ラストのところ。選手たちは全員大泣きしていましたが、その涙をこれからの大きな成長のエネルギーにしてほしいです。

GK #1 谷晃生 選手(ガンバ大阪ユース)
世界大会の厳しさを感じました。一つ一つのプレーの質をもっと磨いていかなければ上ではやっていけないと感じました。この大会を経験したことでもう一度世界で戦いたいという気持ちがさらに強くなりました。東京オリンピックや次のFIFA U-20ワールドカップなど、自分にとって目指すところがまた増えました。大きな財産、かけがえのない大会になったと思います。

MF #10 福岡慎平 選手(京都サンガF.C. U-18)
前半は消極的なプレーもありましたが、後半はチャレンジャー精神を持ってどんどん前にいくことができました。2年半、森山監督の下でプレーできて本当に幸せでした。世界一の監督にしたかったのですが、僕自身の中では世界一の監督ですし、この2年半、このメンバーとプレーできて本当に楽しかったです。このメンバーで優勝して終わるのが一番良かったですが、これからオリンピックやA代表があるので、そこでまたみんなに会えるように、そして優勝できるように成長していきたいです。

MF #14 上月壮一郎 選手(京都サンガF.C. U-18)
個人的には終わったときに10回仕掛けて10回ボールを取られても思い残すことがないように積極的にプレーしました。フランス戦ではボールを下げたり、仕掛ける回数が少なく後悔していたので、今日は持ったら全て前にいこうと思っていました。シュートを打つことはできましたが、得点を決めることができなかったのでさらに磨いていかなければいけません。今日でこのチームが解散するということは実感がありませんが、みんなで後悔をしない試合ができて本当に良いチームだったと思いました。

スケジュール

10月6日(金)  PM   トレーニング
10月7日(土)  PM   公式トレーニング
10月8日(日)  6-1   vs ホンジュラス(Indira Gandhi Athletic Stadium)
10月9日(月)  PM   トレーニング
10月10日(火) PM   トレーニング
10月11日(水) 1-2   vs フランス(Indira Gandhi Athletic Stadium)
10月13日(金) PM   トレーニング
10月14日(土) 1-1 vs ニューカレドニア(Vivekananda Yuba Bharati Krirangan Stadium)
10月15日(日) TBC   移動またはトレーニング
10月16日(月) TBC  トレーニング
10月17日(火) 0-0(PK3-5) ラウンド16 vs イングランド(Vivekananda Yuba Bharati Krirangan Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※練習会場の駐車場はスペースが限られています。お停めいただけない場合がありますこと、あらかじめご了承ください。

FIFA U-17ワールドカップ インド2017

大会期間:2017年10月6日(金)~10月28日(土)
日本代表戦:
第1戦 10月08日(日) 23:30 vs. ホンジュラス代表
第2戦 10月11日(水) 20:30 vs. フランス代表
第3戦 10月14日(土) 20:30 vs. ニューカレドニア代表
ラウンド16:
10月17日(火) 23:30 vs. イングランド代表
※時間は全て日本時間

[sc name=”newadsense]

関連記事

参加メンバー・スケジュール発表!U-17日本代表 FIFA U-17ワールドカップ インド2017(10/6~28)
FIFA U-17ワールドカップ インド2017組み合わせ決定!ホンジュラス,ニューカレドニア,フランスと同組に
U17日本代表、フランスに敗れて1勝1敗で最終節へ ~FIFA U-17ワールドカップインド2017~
U17日本代表、ニューカレドニアと引き分け、グループ2位で決勝トーナメント進出~FIFA U-17ワールドカップインド2017~

最後に

惜敗でした・・・優勝候補のイングランドに失点することなく戦い抜きました。
ベスト16に留まってはしまいましたが、今後の選手の皆さんの活躍を期待しています

参照:JFA

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterYAM
福岡県福岡市出身。新年度大学1年、高校1年、中学2年の母です(^^)/

2016年11月~ライターとしてお仕事をしています。
現在は長崎県全般、福岡県の中体連を担当しています♪

趣味は、写真を撮ること、食べること、飲むこと、
エコクラフト、細かな単純作業、運転、スポーツ観戦、
洗濯(←好きではないけど汚れたものが放置されているのが嫌い・・)

自身も2人のサッカー少年の保護者です。

遠くを眺めるように見ていた(笑)
高校サッカーに我が子も突入!
息子たちのサッカー観戦はもちろん、
色んな事に楽しみたいと思っています!!

サッカーに関わる皆さんに喜んでもらえ、
楽しみにして頂ける記事を書いて行きたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
 

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top