ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【強豪高校サッカー部】県立徳島北高校(徳島県)

2017年度高校総体徳島県大会で準優勝した、徳島県立徳島北高校サッカー部をご紹介します。これから進路を考える中学生・小学生の皆さんの参考にしていただけると幸いです。

2018新人戦徳島大会

2回戦 徳島北 2-0 富岡西
準々決勝 徳島北 0-1 鳴門渦潮

2018インターハイ徳島県予選

決勝 徳島北 2-3(延長) 徳島市立

2018年度高校総体(インターハイ)徳島県予選の詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

2017新人戦徳島県大会

2回戦 徳島北 5-0 鳴門
準々決勝 徳島北 2-0 生光学園
準決勝 徳島北 1-0 徳島科技
決勝 徳島北 2-1 徳島市立

2017新人戦徳島県大会(ジュニアサッカーNEWS)

2017インターハイ徳島県予選

2回戦 徳島北 4-0 城ノ内
準々決勝 徳島北 3-1 小松島
準決勝 徳島北 3-0 池田
決勝 徳島市立 1-0 徳島北

2017年度高校総体(インターハイ)徳島県予選の詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

学校基本情報

徳島県徳島市にある公立の共学校です。普通科と国際英語科の2つの学科があり、それぞれの学科において、1年生では共通の教育課程で学び、2年生からコースを選択して学ぶ「コース制」が特徴です。普通科3年生では、進路目標によって2つのコースに分かれます。国際英語科では将来の職業を見据えた英語力の向上を目指しています。

■入試情報
特色選抜では、出願要件として、「一定の基礎学力を有し、次の要件のいずれかに該当又は同等の優れた能力を持ち、入学後も その部活動に所属し学業と両立させ、その活動を継続できる者 」、男子サッカーでは、「レギュラーとして県大会に出場、県優秀選手、又は県トレセンに選出された者」となっています。
募集人員は普通科で16人以内、男子サッカーより7人程度となっており、ドリブル・ボールコントロール等が実技等の具体的内容となっています。

■偏差値情報
国際英語科  偏差値68
普通(学区外)科 偏差値64
普通科 偏差値58 (徳島県 高校偏差値一覧)

■部活動情報
運動部16、文化部20、同好会4

■進学状況
平成28年度の卒業生(315名)の資料によると、卒業後の進路は
進学296名、就職・公務員7名、その他12名
となっており、進学先は
国立大94名、公立大11名、私立大143名、海外大2名、短大4名、各種専修57名
となっています。
出典元:徳島北高校HP【進路概況】

TEL:088-698-8004 FAX:088-698-8184
住所:徳島県徳島市応神町吉成字中ノ瀬40-6


徳島県立徳島北高等学校

[sc name=”newadsense”]

サッカー部情報

(2019/3/8現在公式HP情報) 

■顧問
不明

■部員数
部員数
3年生 18名
2年生 17名
1年生 22名

マネージャー
3年生 1名
2年生 5名
1年生 6名

■練習場所
不明

■練習時間
不明

■U-18日本代表輩出歴

2017年度(JFA
該当なし

2016年度(JFA
該当なし

2015年度(JFA)
該当なし

■輩出Jリーガー
該当なし

<過去の戦績>
2016年
選手権徳県島予選 ベスト4進出
インターハイ徳島県予選 2回戦進出
徳島県新人戦 優勝

2015年
選手県徳島県予選 2回戦進出
インターハイ徳島予選 ベスト4進出
徳島県新人戦 2回戦進出

出典元:高校サッカードットコム

[sc name=”newadsense”]

関連記事

【高校サッカー強豪校に入りたい!】インハイ都道府県ベスト8【2018年度進路情報】

口コミ情報募集中!

徳島北高校サッカー部について、ご存じの情報がありましたら(特に練習場所や練習時間など)下記よりご投稿お願いいたします!

最後に

2017年度プリンスリーグ四国への参入を決めた徳島北高校。「限界のその先へ」を部旗に掲げ、部員一丸となって、日々練習に励んでいます。中学生の皆さんの進路を考える際にお役立ていただけると幸いです。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括副編集長mar
1974年生まれ 現在福岡県在住。WEBライター歴7年。主に引越しや子育て、教育分野のコラムを執筆。
2016年11月からジュニアサッカーNEWSライター。
現在副編集長 兼 福岡県担当。

夏の暑さから一転、あっという間に寒いさむいと着ぶくれる日々になりました。
皆さま2018年はどんな一年でしたか?

2019年は新年号に変わることも予定されており、何か新しい時代を迎えそうな予感がしますね。

時代の変化を楽しみつつも、翻弄されすぎずに過ごしたいと思います。
2019年もどうぞよろしくお願いいたします♪

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top