ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

久保建英選手・小林 幹選手など6得点のFC東京、4強入り 第41回日本クラブユース(U-18)サッカー選手権 準々決勝結果速報

▲写真はラウンド16の松本山雅vsFC東京戦のものです

29日(土)に準々決勝が行われた第41回日本クラブユース(U-18)サッカー選手権で、今大会初先発になった久保建英選手のゴールなどにより、FC東京U-18がベスト4入りを決めています。

ベスト4は浦和レッズ、モンテディオ山形、川崎フロンターレ、FC東京の4チームです。

準々決勝
浦和レッズ 2-1 ガンバ大阪
鹿島アントラーズ 0-1 モンテディオ山形
川崎フロンターレ 0-0(PK4-1) 横浜FM
湘南ベルマーレ 2-6 FC東京

FC東京は前半10分に品田 愛斗選手、15分に小林 幹選手のゴールを決め、後半47分に久保 建英選手、56分に原 大智選手の4点目が決まります。そのあとすぐ湘南は58分に和田 響稀選手、FC東京が65分に荒川 滉貴選手と押しつ押されつの展開になります。

試合終了直後、89分に湘南の井上 恵武選手が1点を返すもロスタイム2分のところでFC東京 吹野 竜司選手が6点目を決め、試合終了となりました。

大会の全容はこちらから
第41回日本クラブユース(U-18)選手権大会

準決勝は7月31日(月)、
16:00キックオフ 浦和 – 山形
19:00キックオフ 川崎F – FC東京
(どちらも味の素スタジアムフィールド西)
となります。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括編集長/事業戦略部水下 真紀
Maki Mizushita
1974年生まれ。群馬県出身、東京都在住。フリーライターとして地方紙、店舗カタログ、webサイト作成、イベント取材などに携わる。2015年3月からジュニアサッカーNEWSライター、2017年4月から編集長、2019年4月から統括編集長/事業戦略部。ジュニアサッカー応援歴14年。

第98回高校サッカー選手権予選を最後に息子が引退。
高3の11月から受験生になりました。
高校2年生の保護者の方がもしここを見ていたら、
「たったの2か月でセンター爆上げは無理だから今からがんばれ」と
お子さまに教えてあげていただきたいです…

まだ小学生、中学生のお子さんをお持ちの皆様がうらやましいです。
今しかない瞬間、親も楽しんじゃってください!

サッカーにかかわるすべての人を応援しています。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top