ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【群馬県】第100回高校サッカー選手権出場校の出身中学・チーム一覧【サッカー進路】

第100回高校サッカー選手権の群馬県・前橋育英高校登録メンバーが発表されました。群馬県と全国のデータをもとに前橋育英高校から出場する選手、群馬県内の中学・ジュニアユース出身者で他県で活躍している選手をまとめました。

進路の参考に、また、第100回高校サッカー選手権において全国で活躍している群馬県出身者の応援にお使いください!

群馬県・第100回高校サッカー選手権 ベスト8

※学校名のリンクからチーム情報をご覧いただけます。 

優勝:前橋育英高校
準優勝:桐生第一高校
第3位:常磐高経附
ベスト8:前橋商業共愛学園伊勢崎工業利根商業

県大会 第100回高校サッカー選手権群馬県大会

前橋育英高校・どのような中学校&クラブチームから進学している?

第100回全国高校サッカー選手権の登録メンバー(12月1日現在)となった選手は、次のような中学校&クラブチームの出身者です。

前橋FC:3名
FC杉野Jr.ユース(東京都):2名
FC東京U-15深川(東京都):2名
クマガヤSC(埼玉県):2名
横浜F・マリノスJrユース追浜(神奈川県):2名
1FC川越水上公園(埼玉県):1名
FCファイターズ(栃木県):1名
FC古河(茨城県):1名
Uスポーツクラブ(山梨県):1名
Wings U-15(千葉県):1名
ウイングスSC(栃木県):1名
クラブ与野(埼玉県):1名
ジョカーレFC(千葉県):1名
スクデットFC(奈良県):1名
浦和レッズJrユース(埼玉県):1名
横浜F・マリノスJrユース(神奈川県):1名
横浜FC Jrユース(神奈川県):1名
三郷JrユースFC(埼玉県):1名
上州FC高崎:1名
足利・両毛ユナイテッド(栃木県):1名
田口FA(東京都):1名
栃木SCJrユース(栃木県):1名
柏レイソルU-15(千葉県):1名
名古屋グランパスU-15(愛知県):1名

過去3年間の高校サッカー選手権に出場した選手の出身校&クラブチームまとめはこちら
第99回(2020年度)の群馬県データはこちら
第98回(2019年度)の群馬県データはこちら
第97回(2018年度)の群馬県データはこちら

強豪チーム情報
【U-15強豪チームに入りたい!】2020-2021年度進路情報
【高校サッカー強豪校まとめ】2020インハイ+選手権都道府県ベスト8

前橋育英高校サッカー部に対する口コミを募集しています。

部活の雰囲気、勉強との兼ね合い、寮生活など、口コミをお寄せください。
こちらのフォームでは、確かな情報をお届けするためにメールアドレスやお名前を記入する欄がありますが、より確かな情報をお届けするためです。ご了承ください。いただいたお名前やメールアドレスを公開するようなことは絶対にありませんのでご安心ください。掲載は匿名となります。


    ※現在ファイル添付機能に不具合が出ております。ファイルをお送りいただく際は「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

    いただいた口コミは、順次追記していきます。

    群馬県の中学サッカー選手たちの進学先

    群馬県出身のサッカー選手たちが、どこの高校に進学しているのかをまとめました。

    前橋FC
    米子北(鳥取):3名

    前橋SC
    米子北(鳥取):1名

    前橋ジュニア
    星稜(石川):2名

    クマガヤSC(埼玉)
    青森山田(青森):1名(群馬出身)

    上州FC高崎
    矢板中央(栃木):1名

    青森山田中(青森)
    青森山田(青森):1名(群馬出身)

    他の都道府県もチェックする

    【中学生のサッカー進路】全国高校選手権に出場した選手の出身チーム一覧【47都道府県・男女】
    2021年度の全国データはこちら
    2020年度の全国データはこちら
    2019年度の全国データはこちら

    参考文献

    ◆高校サッカーダイジェスト(vol.34)第100回全国高校サッカー選手権大会「選手権名鑑」1月18日号増刊

    寄稿者プロフィール

    JUNIOR SOCCER NEWSWriteryukiron
    生まれも育ちも滋賀県(琵琶湖からは少々遠め)の一児の母。
    こちらでは茨城・静岡を担当しています。
    サッカーに携わるのは高校時代のサッカー部マネージャー以来、実に20数年ぶり!

    プレーする選手だけでなく、監督やコーチ、保護者、地域の方々…とさまざまな人々によってサッカーが支えられているということを、この仕事を通してあらためて実感しています。
    ひたむきにボールを追いかける少年少女、ジュニアサッカーに関わるすべての人たちを応援するべく、いち早く情報を発信してまいります。
    Return Top