ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2015年度 第23回新津カップ5年生大会 兼 JA全農杯チビリンピック小学生8人制サッカー北信越大会新潟県予選 優勝は FC大和ジュニオルス!!

第23回新津カップ新潟県少年サッカー5年生大会 兼 JA全農杯チビリンピック小学生8人制サッカー北信越大会新潟県予選

【日程】

■2015年10月24日(土)・25日(日)

【場所】

■新津金屋運動広場・阿賀野川水辺プラザ

【概要】

■新潟県のサッカー少年に技術習得の機会とチーム間の交流の場を提供することにより、選手の個々のレベルアップを図ることを目的としている。

■10月11日までに地区大会を終え、上越2、中越8、下越3、新潟10及び前年度優勝枠1(新潟市東ブロック)の計24チームが代表として参加資格が与えられる。

■初日に24チームを4チームごとの6組に分けてリーグ戦を行う。勝ち点方式で各組の1位(6チーム)及び2位のうち成績上位2チームの計8チームが、決勝トーナメントに進出する。

■本大会において優勝・準優勝のチームは、後に行われる[JA全農杯チビリンピック2016 小学生8人制サッカー/北信越予選]に参加することができる。

■試合時間は30分(15分ハーフ、5分休憩)とする。

開催要項:新潟県サッカー協会 組み合わせ[PDF]

photo:cankeep

【2015年度の結果】

〈決勝〉
アルビレックス新潟U-12  1 – 2  FC大和ジュニオルス

〈準決勝〉
長岡JYFC 0?1 アルビレックス
FC大和ジュニオルス  7?0 グランセナ

〈準々決勝〉
長岡JYFC 1?0 clubF3
アルビレックス新潟 5?0 ペラーダ春日
FC大和ジュニオルス 1?0 Noedegrati
グランセナ新潟?? 1?0 エスプリ長岡

参考:新潟県サッカー協会大会速報

【優勝チーム紹介】

■監督・選手のコメント

監督
選手
参照サイト:日本サッカー協会

【地区予選の結果】

■県大会出場チーム
春日サッカースポーツ少年団
ぺラーダ春日
FC大和ジュニオルス
柏崎フットボールクラブ
ファンタジスタ長岡JFC
長岡JYFC U12
Noedegtari Sanjo FC
Jドリーム三条
エスプリ長岡FC
レオネス長岡ジュニアフットボールクラブ
FCシバタジュニア
Creece FC
荒川町サッカー少年団
ジェス新潟東SC
FC竹尾ウィングス
桃山クラマーズ
アルビレックス新潟 U12
kF3
FCブルーウイングス
南万代フットボールクラブ
グランセナ新潟FCジュニア
clubF3
新通イーグルス
東中野山SSS

■地区予選の結果はこちら新津カップ 地区予選まとめ (ジュニアサッカーNEWS)

新潟県内の地域ごとの最新情報はこちら
新潟少年サッカー応援団

【関連記事のまとめ】

新津カップ 地区予選まとめ (ジュニアサッカーNEWS)

JA全農杯チビリンピック2016小学生8人制サッカー大会〈北信越大会〉→2016年3月19日(土)・20日(日) 石川県にて開催予定!

【過去大会の結果】

新津少年サッカー5年生大会 2014決勝トーナメント結果

2014年度 22回新津少年サッカー5年生大会

優勝:ジェス新潟東SC
準優勝:kF3
3位:FC大和ジュニオルス・グランセナ新潟FCジュニア

<決勝>
ジェス新潟東SC 0-0(PK3-2) kF3

<準決勝>
ジェス新潟東SC 2-0 グランセナ新潟FCジュニア
kF3 3-1 FC大和ジュニオルス

その他の結果はこちら(新潟県サッカー協会HP)

 

2013年度 21回新津少年サッカー5年生大会

優勝:長岡JY
準優勝:エスプリ長岡
3位:ARISTA・アルビレックス

<決勝>
長岡JY 3-1 エスプリ長岡

<準決勝>
長岡JY 6-1 ARISTA
エスプリ長岡 0-0(PK2-1) アルビレックス

その他の結果はこちら(新潟県サッカー協会HP)

最後に

■見事優勝を決めたのは、中越地区[魚沼柏崎ブロック]から勝ち上がった【FC大和ジュニオルス】でした。昨年度の同大会でのベスト4からの悲願の優勝!!おめでとうございます。今年の県大会は地区大会を勝ち上がった24チームでの戦いとなり、1日での試合数も3試合ある中、選手たちは本当によく頑張りました!

サイトについてのご意見やご要望、また掲載したいイベント情報などございましたらこちらからいつでもお申し付けください。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterジン
Jin
1970年生まれ。群馬県安中市出身、前橋市在住。趣味はおひとりさまツーリング。2016年1月からジュニアサッカーNEWSで暗躍中。

暇な日は前橋育英グラウンドまで足を延ばすことも。
出身地からプロサッカー選手が出ることを夢見ています。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top