ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

J1目指す新潟OBの持つ「力」、26日初陣!池田なでしこジャパン「奪う」を強いテーマに ほか 11/15~11/19スポーツトレンドニュース一気読み!

1週間のスポーツ・サッカー界の動きを全部まとめて一気読みできます。

~CONTENTS~
◇ サッカーの動き
◇ スポーツの動き

↓本文は写真の下から始まります↓

サッカーの動き

杉原理事ラウンジ:女子サッカーのリアルとこれから

SBA「THE BASE」ではより双方向の議論を深めるために、理事の専門分野を中心としたディスカッションができるイベント『ラウンジ』を開催しています!
第一線で活躍するプロとディスカッションができるオンラインサロンの強みを活かしつつ、参加者全員でスポーツビジネスの未来を考えていきたいと思います。

J1昇格目指す新潟「引退しても、すげ~人気」地元の応援生み出すOBの力

J2アルビレックス新潟のOBの持つ「力」を感じる。11月16日、元GKで現在は営業部に所属する野沢洋輔氏が、新潟市秋葉区のスーパーで「アルビ米コラボ弁当」の店頭販売イベントを行った。

サッカーの横山久美さん、アメリカで結婚。トランスジェンダーを公表、「日本の現状を知って」と呼びかけ

トランスジェンダーを公表した元サッカー女子日本代表の横山久美さんが11月23日、アメリカで結婚したことを発表した。

FC東京 ミクシィが11.5億円増資引き受け、株式過半数を取得へ

J1のFC東京は22日、第三者割当増資で発行する株式をIT大手の「株式会社ミクシィ」(東京都渋谷区)が引き受けると発表した。同日の取締役会で決議された。

W杯出場圏内に浮上も…日本代表に「Jリーグのクラブより弱い」と酷評

W杯出場圏内に浮上したサッカー日本代表だが、森保一監督に対する批判の声は高まるばかりだ。

26日初陣の池田なでしこジャパン 清水梨紗「勝つことが一番」…東京五輪分析からテーマは「奪う」に設定

「奪う」を強いテーマに、10月の国内合宿でも積み上げ。国内合宿不参加だったMF長谷川唯(ウェストハム)ら海外組が合流した今合宿でも、ミーティングでは映像を用いてコンセプトの共有を図り、「全員の意識を統一するための練習」と攻撃面の連係確認などを行った。

西日本屈指のCB。東海大福岡DF上本銀太がレノファ山口FCに加入内定

1対1にも強く粘り強くボールを奪い取れる。加えて、左右両足から繰り出すロングフィードで攻撃の起点としても機能、西日本屈指のCBだ。

部活を巡る進路問題の「現状変えたい」 高校サッカー部紹介サイト運営者の使命感

 3桁を超える部員を集めた多くの強豪高校は、不都合な事情が漏れない体制を築き上げて華やかな結果を残してきた。サッカー小僧たちには表面的なチームの成績しか見えないから、強いかどうかでしか判断ができず、どうしても憧れだけで進路を選択する。こうしてミスマッチが連鎖してきた。

CEO「誰もが楽しめる」 カタール大会まで1年―サッカーW杯

開催準備は順調で、20日には7番目となる「スタジアム974」の完成が発表された。輸送用コンテナを用いたユニークな設計で、W杯史上初の解体可能スタジアム。

バイエルン、キミッヒらワクチン未接種者に強気の措置…給与カットも

その中でバイエルンは、ワクチン未接種者に対して強気の姿勢に出るようで、該当する選手が感染、ないしは濃厚接触で隔離措置を取らなければならなくなった場合、給与を一部カットする旨を通達したようだ。

降格に激怒した仙台サポーターが長時間の「選手バス囲み」! バスが「発車した時間」

サポーターが進路を阻んだため、バスはスタジアムを出ることができない。湘南の選手を乗せたバスが通る際にはサポーターも道を空けたものの、仙台のバスを通すことはなかった。機材を運ぶトラックなども何度か通ったが、そのたびに物々しい空気に包まれた。

スポーツの動き

ヤクルト・山田、神戸で決める 3点差の八回…“起死回生”の同点3ランも競り負けた

ヤクルトは3点ビハインドの八回に、山田哲人内野手(29)が今シリーズ1号となる同点3ラン。主将は2015年の日本シリーズで3本塁打を記録しており、通算4本は大杉勝男、池山隆寛と並んで球団最多となった。

「ビジネスやキャリアを学び、競技レベルも上がる」アスリートキャリアアカデミー、第3期が開講へ

アスリートの行動のヒントになるような機会を増やしていきたい。実際に会社を作ったり、サービスを始めたりとビジネスにつながるのはもちろん、回り回って競技レベルを高める日常的なトレーニングにも応用できるかもしれません。

過去の講義についてアーカイブ動画で事前に見ていただいた上で、ビジネスモデルを考えるワークショップの時間を増やしたり、起業するにあたって重要な「お金」について考える機会も提供したいと思います。

スポーツ×他産業の融合で生み出される“スポーツオープンイノベーション”のこれまでとこれから

株式会社アイ・オー・データ機器は、シンプルかつ低コストで配信可能なクラウド型音声配信サービスを提供。現地で観戦していながらスポーツ実況解説を聞くことにより、多角的な競技観戦の楽しみ方が可能となります。
THECOO株式会社は、ファンクラブ機能とオンラインサロン要素を融合し、SNS感覚で手軽に楽しめるファンコミュニティアプリ「Fanicon(ファニコン)」を提供。オンライン上でファンとチーム・選手を巻き込んだ新しいエンターテインメントが創出されます。
AMATELUS株式会社は、自由視点映像システム「SwipeVideo(スワイプビデオ)」を提供。ユーザー自身がスイッチングを行えることで自身も参加しているような映像提供が可能となります。

クラウドファンディング「CAMPFIRE」、SPORTS TECH TOKYOと連携しスポーツ界のクラウドファンディング活用を推進

株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長CEO:家入 一真 / 以下、CAMPFIRE )は、スポーツ界のクラウドファンディング活用を推進すべく、スポーツテックをテーマとした事業開発プラットフォーム「SPORTS TECH TOKYO」とパートナーシップ契約を締結しました。連携の第一弾として、SPORTS TECH TOKYOがスポーツ庁と共同で開催している「INNOVATION LEAGUE コンテスト」応募者でクラウドファンディング実施希望の方に対し、「CAMPFIRE」の特別サポートを提供します。

「スポーツイノベーションアカデミー第2期」を開催 / 第5回「メディア戦略 - 放映権とオウンドメディア化 – 」(11/18)

スポーツイノベーション研究所が主催(共催:株式会社セレッソ大阪)する公開講座、 スポーツイノベーションアカデミー第2期の第5回「 メディア戦略 - 放映権とオウンドメディア化 -」が、11月18日(木)に、オンラインで開催されました。同アカデミーは、スポーツイノベーション研究所の活動の一貫として、一般の方を対象に昨年度より開催しています。今回のゲスト講師は、藤田 一真氏 スカパーJSAT(株) 配信事業部・アリーナスタジアムプロジェクト プロデューサーに登壇いただきました。

マーケティング視点で見たスポーツビジネス。

マーケティングは経営に近いところにおいて、スポンサー関係だけでなく、放送、チケットも網羅した組織体にしているチーム、リーグが力を発揮している例が今は多く、スポーツそのものだけでなく、組織や運営、バックオフィスがプロでないと結果が残せないフェーズに入ってきています。

部活との両立が大学受験にマイナスになったと回答した高校生は約1割!部活と受験の両立の成功のカギは「学習時間の効率向上」【部活生の大学受験に関するアンケート】

(2)部活生が受験の対策を本格的に始めたのは、「高校3年生4月〜9月」が最多だが、
多くの人が「高校2年生の7月〜3月」から始めておけば良かったと回答。
(3)部活動との両立の中で受験を成功させるためには、「学習時間の効率向上」が
重要だと約6割が意識していた。

バスケ日本代表の活動に完全密着する『INSIDE AKATSUKI』、Bリーグオールスターファン投票の中間発表への正直な気持ち!?

『INSIDE AKATSUKI』は、日本代表スタッフが収録した、バスケットボール日本代表の選手たちの『ありのままの姿』を見ることができる映像コンテンツ。今回は、ワールドカップ予選に向かう男子日本代表の裏側を連日伝えていく。

関連記事

プレゼント企画【スパイクをゲットしよう】1/31〆切!MAKE GENESISS(Sports Entertainment株式会社)

熊本フットボールセンター応援ファンド無料説明会12/12(日)【熊本県の慢性的な公式戦会場不足解消に向けて】

本日締め切り!怪我を予防したい小中高選手/保護者必見 ジュニアサッカーNEWSのオンラインセミナー11/28(日)Presented by フットボールブランドXF(エグゼフ)

2021年度 第100回全国高校サッカー選手権大会 全国大会 12/28開幕!組合せ決定!開幕戦は関東第一 vs 中津東!

【2021年度 第100回高校サッカー選手権】全国大会組み合わせ決定!群馬は前橋育英が2年ぶり出場!茨城は12/5に決勝開催!【47都道府県まとめ】

【2021年度第30回高校女子サッカー選手権】11/14は東海・関西で代表決定!【47都道府県まとめ】

【2021高円宮杯U-15】全日本U-15サッカー選手権(代表決定戦,プレーオフ)【47都道府県まとめ】

U-15の選手たち、次の進路はどうしてる?クラブユースU-15選手権 進路特集

 

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterCrane
滋賀県在住ライターのCraneと申します。
2021年8月にライター歴4年目に突入、サッカー娘の母歴は丸11年になりました。

どんな試合でも、その一戦を迎えるまでにどれほどの努力があったのか。そしてそこに、どれほどの方の支えがあったのか。

頑張っている選手達、それを支える保護者、指導者の皆様が持つ数多のドラマに想像を張り巡らせてはリスペクトが泉のように湧き上がる日々。
涙腺も年々緩くなり、留まることを知りません。

このところ、8チームから12チームくらいの規模の大会も戻ってきているのではないでしょうか。
大会結果画像、弾けるような笑顔のお写真、選手達のご活躍の様子をぜひお寄せ下さい。いつでもお待ちしています!

コメント欄

*

※現在ファイル添付機能に不具合が出ております。ファイルをお送りいただく際は「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top