ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

日本代表戦ざっくりまとめ 大迫の得点で中国を1-0撃破!次は10/7のサウジアラビア戦

2021/9/7(木) (日本時間8日)、日本代表はサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会のアジア最終予選でドーハにて中国と対戦し、1―0で勝利しました。

日本代表vs 中国代表ざっくりまとめると・・・
・最新のFIFAランキングで日本は24位、対するオマーンは71位。
・過去の日本代表vs中国代表の国際Aマッチ対戦成績は日本の10勝8分9敗。
・先制点は日本。前半40分に右サイドから伊東がドリブルで縦へ突破しクロスを上げる。大迫が中央から走り込みつま先付近で合わせてゴール。この1点が試合を決める貴重な得点となった。
・50分に原口元気、76分に鎌田大地、88分に佐々木翔が投入された。
・アジア最終予選Bグループ、日本代表は現在4位。次戦は10/7のサウジアラビア戦。

↓スターティングメンバー情報等は写真の下に続きます↓

スターティングメンバー

中国 日本
GK 1 Yan Junling GK 12 権田 修一
DF 2 Li Ang DF 3 室屋 成
DF 3 Wang Shenchao DF 5 長友 佑都
DF 5 Zhang Linpeng DF 16 冨安 健洋
DF 6 Jiang Guangtai DF 22 吉田 麻也 (Cap.)
MF 7 Wu Lei MF 6 遠藤 航
MF 13 Jin Jingdao MF 7 柴崎 岳
MF 15 Wu Xi (Cap.) MF 14 伊東 純也
MF 20 Wang Gang MF 17 久保 建英
FW 9 Ai Kesen FW 15 大迫 勇也
FW 19 Yin Hongbo FW 18 古橋 亨梧
控え選手
GK 12 Liu Dianzuo GK 1 川島 永嗣
GK 23 Wang Dalei GK 23 谷 晃生
DF 14 Wei Shihao DF 2 植田 直通
DF 22 Yu Dabao DF 4 佐々木 翔
MF 4 Gao Zhunyi DF 13 中山 雄太
MF 8 Hao Junmin DF 20 昌子 源
MF 10 Zhang Xizhe DF 21 山根 視来
MF 16 Chi Zhongguo MF 8 原口 元気
MF 17 Wu Xinghan MF 9 鎌田 大地
FW 11 Alan MF 11 堂安 律
FW 18 Zhang Yuning MF 19 守田 英正
FW 21 Aloisio FW 10 オナイウ 阿道
監督 Tie Li 監督 森保 一
選手交代
5 Zhang Linpeng6分 OUT 18 古橋 亨梧50分 OUT
22 Yu Dabao6分 IN 8 原口 元気50分 IN
2 Li Ang63分 OUT 14 伊東 純也76分 OUT
8 Hao Junmin63分 IN 9 鎌田 大地76分 IN
13 Jin Jingdao63分 OUT 5 長友 佑都88分 OUT
21 Aloisio63分 IN 4 佐々木 翔88分 IN
19 Yin Hongbo63分 OUT
11 Alan63分 IN
15 Wu Xi84分 OUT
16 Chi Zhongguo84分 IN

出典元:JFA
FIFAランキング: DAZN

関連情報

日本代表戦ざっくりまとめ 痛恨のホーム初戦黒星発進 オマーンに0-1敗戦 W杯アジア最終予選

日本代表、国際親善試合で韓国に3-0快勝!山根選手代表デビュー戦でゴール!

【メンバー変更有】8人が初招集!国内組メンバーも SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー発表!国際親善試合韓国代表戦(3/[email protected]日産スタジアム・神奈川)FIFAワールドカップ2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選(3/[email protected]フクダ電子アリーナ・千葉)

選手変更有・三笘選手、久保 建英選手など選出!【U-24日本代表】メンバー・スケジュール発表!SAISON CARD CUP 2021 3/[email protected]東京スタジアム、3/[email protected]北九州スタジアム

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括副編集長mar
1974年生まれ 現在福岡県在住。WEBライター歴10年。主に引越しや子育て、教育分野のコラムを執筆。
2016年11月からジュニアサッカーNEWSライター。
現在統括副編集長。

夏の暑さから一転、あっという間に寒いさむいと着ぶくれる日々になりました。
皆さま2018年はどんな一年でしたか?

2019年は新年号に変わることも予定されており、何か新しい時代を迎えそうな予感がしますね。

時代の変化を楽しみつつも、翻弄されすぎずに過ごしたいと思います。
2019年もどうぞよろしくお願いいたします♪

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top