ジュニアサッカーNEWS

少年サッカー、中学生サッカー、高校サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

差が歴然!2016年度FFPトレセン選手の誕生月分析結果

FFP参加者の誕生月一覧をまとめました。ご覧ください。※小学校5年生で選出された選手の生まれ月は除きました。

FFPについて詳しくはこちら→2016年度 JFAフットボールフューチャープログラム(FFP) 

umareduki明らかに4月、5月生まれが多いのがお分かりいただけると思います。都道府県によっては、10月以降の誕生月の選手が一人もいない県もありました。

ただし、早生まれの選手はいないのかというと、そんなことはありません。「早生まれは選ばれにくい」というのは、あくまで一般論であることをご了承ください。

このデータを見るかぎり、圧倒的不利な早生まれの選手。この問題はいつか解消されるのでしょうか。

静岡県サッカー協会が出した声明に、興味深い事実を見ることができます。

身長=遺伝はもはや都市伝説!?科学的に理にかなった身長を伸ばす方法について調べてみた


「早生まれの選手の抱える問題」

8132533733_59db58b316_mphoto:Yas a

Jリーグユース、高校サッカーに出場している選手の生まれ月は圧倒的に4月~6月生まれが多くて早生まれが少ないというデータがあります。FFPに見られる傾向は、高校年代まで続くのです。

この原因として、早生まれの選手は小学校年代に生まれ月格差により、ジュニアユース→ユースにつながる「セレクション合格が不利になる可能性」の高さが挙げられます。

J下部組織、強豪クラブチームのセレクションに合格しなかった場合、部活か町クラブで続けるしかありません。必然的に、試合機会が奪われたり、部活の場合は3年次の途中で引退があるなど、さまざまな支障が出てくることでしょう。

本当に早生まれは不利なのか?

3078863131_8faa0d40df_mphoto:Prashanth dotcompals

「早生まれは不利」としか言えないようなFFP、Jリーグユース、高校サッカー。

ところが、2013年FIFAコンフェデレーションズカップに参加している日本代表のメンバー(A代表)は、逆に早生まれの選手が多いのです。

4~6月生まれの選手に、身長・体格ともに追いつくU17程度まで、早生まれの選手は不利な状態が続くのかもしれません。しかし、体格が整ったとき、今まで自分よりも体格的に優れた選手たちと行ってきた練習の成果が花開くのではないでしょうか。

静岡県サッカー協会は、この分析の結果、「指導者の問題として早生まれの選手の育成や扱いは注意深く扱う必要があると思われる」と述べています。

早生まれの選手の抱える問題(参照サイト:静岡県サッカー協会)


外国でも早生まれの問題はあるか?

bundesuri-ga引用:静岡県サッカー協会

ブンデスリーガの選手の生まれ月別の人数を調べた表がこちらです。

ドイツは8月から新学期が始まるため、5月~7月を早生まれとします。しかし、ブンデスリーガの分析結果、早生まれ(赤い部分)の選手数がそれほど少なくないことに気が付きます。日本でいう4月~6月生まれ(ドイツでは8月~10月生まれ)の選手と比べても、それほど変わりません。

これは、幼児の頃から「早生まれを切り捨てない」というスポーツのあり方がドイツにあるからだと分析されています。

大人のルールに子どもたちが犠牲にならない良いアカデミー体制の見直しを考える時期が来ていると思われる。

このような声が現場で上がり始めていることは、早生まれの選手にとっても日本のサッカーにおいても、たいへん良いことだと考えられます。

早生まれの選手は、早々と自分に見切りをつけず、自分より成熟度の高い子と常に一緒に練習できるメリットを得つつ、U17ころ、体が成長するまで努力をぜひ続けてほしいと思います。

引用:参照「早生まれの選手の抱える問題」(静岡県サッカー協会)

関連記事

【トレセン保護者100名アンケート結果】~身長編~

サッカーのセレクション合否者の気になるデータをまとめてみました

トレセンやセレクションの評価に影響大!体力テストの重要性を知っておこう

【トレセン保護者100名アンケート結果】運動能力徹底検証!

足が遅くても「初速」の速さを追求すればスピードを克服できる―岡崎選手に学ぶ鈍足の努力―

身長=遺伝はもはや都市伝説!?科学的に理にかなった身長を伸ばす方法について調べてみた

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterMiz
東京在住ライター。ジュニアサッカーを見守って12年目突入。群馬県出身。

8月18日(金)から20日(日)まで、駒沢で行われるバーモントカップの取材に行ってます。

1日目、コンサのお母さんに塩分タブレットをいただき(ごちそうさまでした!)、
2日目、茨城ライングループの方に一緒に観戦していただき(ありがとうございます)
津ラピドのお母さんたちにもらい泣きさせられました
(もう…いい人たちすぎる!)。
明日は誰に会えるかな🌟

高校選手権東京都予選も先日観戦してきました。
高校の校庭を使った会場だったので、
同級生たちが校舎2階の窓から声援を飛ばしたりして、
それもまたそこでしか味わえない雰囲気がありました。

雨だったので、校庭は泥の海。女子からは
「もっと近くで応援しようよ!」「泥球が飛んでくるから嫌~!」
と叫んでる声が。

みなさんの「高校サッカー」が、1日でも長く続きますように!

コメント欄

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 日本とヨーロッパ アメリカでは学年を区切る月が違うため差がでます

    日本は3月
    ヨーロッパは12月
    アメリカは9月

コメント欄

*

今週の人気記事ベスト10

ジュニアサッカー応援団’S

La Meta ラ・メタ
PROJECT OFFER
フレア合同会社
ペナスタ博多
那珂南FC
Return Top