ジュニアサッカーNEWS

ジュニア、小学生、中学生のサッカーニュースを速報で配信

【トレセン保護者100名アンケート結果】~身長編~

ジュニアサッカーNEWSで実施しているトレセン合格者の保護者対象の「トレセンアンケート」。そこには続々と、「小学年代は身長が高い子が有利」「大きい子のほうが合格しやすい」というコメントが届いています。

これは本当でしょうか。生まれ月によっても体格に差が出やすい小学生年代においての身長や生まれ月の関係を調べてみました。

身長=遺伝はもはや都市伝説!?科学的に理にかなった身長を伸ばす方法について調べてみた

トレセンアンケート:「受かりやすい子はどんな子?」

365975805_883533616f_mphoto:Jess

次のような声が寄せられています。※個人の特定防止のため、表現を若干変えているところがあります。

「選ばれた決め手は、身長だと思う。あとスピードと、キック力」(県トレセン)
キーパーとバックは、体の大きな子が選ばれている」(県トレセン)
「大きい子は選ばれやすい」(県トレセン)
「選ばれた決め手は身長」(地域トレセン)
体が大きくてそこそこ何かが上手なら受かりやすいと思う」(県トレセン)
「小学生の時点では、身長が高い子は圧倒的に有利。これは仕方ないこと」(地区トレセン)
「決め手は身長とフィジカル」(女子、地区トレセン)
「体格が良い子は選ばれている」(地区トレセン)

各県を代表して参加するFFPのメンバーから、平均身長を計算し、全国平均と比べてみました。


FFP選出メンバーの身長(FP)

表はすべて、JFAから公開された資料を基にグリーンカードが作成いたしました。

FFPについて詳しくはこちら→2016年度 JFAフットボールフューチャープログラム(FFP) 

sintyoufp全体的な分布図です。平均身長(FP)は147.78㎝(小数点第3位四捨五入)。

各県によっても差があります。

sintyoukenheikin一番高かったのは奈良県の151.79㎝(小数点第3位四捨五入)。平均身長が一番低かったのは長崎県の140.86㎝と、実に10㎝以上の差があります。

全ての都道府県名がスペースの都合上載せられないので、この記事の一番下にランキングとともに載せておきます。興味のある方はそちらを参照してください。

FFP選出メンバーの身長(GK)

sintyougkGKとして選出された各県2名の身長から算出した分布図です。平均身長は155.22㎝。FP身長よりも約8㎝高く、GKには身長が必要なのか、背の高い子がGKになっていくのかは分かりませんが明らかな違いがあることが分かります。

しかし、身長が低い子はGKになれないのかというと、それは違います。2016年度のFFPのGK最高身長は176㎝でしたが、最低身長は139㎝。実に約40㎝の幅に96名が分布している形となります。

男子も女子も、成長期は一般に小学校高学年から始まり、高校1年生くらいまで続きます。ただ、成長期が始まってからの身長の伸びは約20cmといわれており、じわじわ中学2年生まで身長が伸び、160㎝になったところで成長期が訪れた場合の最終身長は180㎝ほどと推測されます。

逆に、小学校高学年に150㎝だったところから成長期が始まってしまった子は、小学生中に165㎝ほどになると推測されますが、最終身長は170㎝ほど。

成長には個人差がありますので、小学生年代の身長がすべてではありません。今低くても、悲観する必要はありません。


FFP平均身長県別都道府県ランキング(単位はcm)

都道府県別のランキングにもしてみました。良かったら参考にしてみてください。

1位:奈良 151.7857143
2位:愛知 151.5
3位:兵庫 150.9285714
4位:岩手 150.6428571
5位:京都 150.6428571
6位:広島 150.5
7位:大阪 150.2142857
8位:新潟 150
8位:島根 150
10位:福島 149.7142857
11位:静岡 149.7142857
12位:宮城 149.5714286
13位:東京2 149.5
14位:岐阜 149.2857143
15位:秋田 149.0714286
16位:北海道 149
16位:東京1 149
18位:千葉 148.9285714
19位:岡山 148.5714286
20位:滋賀 148.5
21位:埼玉 148.3571429
22位:徳島 148.3571429
23位:山形 148.2857143
24位:富山 148.2142857
25位:茨城 148.0714286
26位:神奈川 147.9285714
27位:鹿児島 147.7857143
28位:長野 147.7142857
29位;佐賀 147.5
30位:熊本 147.4285714
31位:香川 147.2142857
32位:三重 147.1428571
33位:福岡 147.0714286
34位:山口 147
35位:石川 146.8571429
36位:福井 146.7142857
37位:和歌山 146
38位:鳥取 145.7142857
39位:愛媛 145.7142857
40位:宮崎 145.5714286
41位:山梨 145.4285714
42位:青森 145.2857143
43位:沖縄 144.3571429
44位:大分 144.0714286
45位:群馬 144
46位:栃木 143.8571429
47位:高知 143.7857143
48位:長崎 140.8571429

全国平均:身長

21581214711_8ef03943f7_mphoto:Jane kostenko

小学校6年生男子の平均身長:145.2㎝
小学校6年生女子の平均身長:146.7㎝

FFP選出者(FP)の平均身長は147.78㎝、(GK)の平均身長は155.22㎝です。比較すると、「FPは平均身長とあまり差がないが、GKに選出される子は明らかに高い」という有意な差が認められます。

ただ、「身長が高いほうが最大無酸素性パワー(ダッシュの時などに使われるパワー)が高い」「身長が大きいと筋力も大きいという傾向がある」という報告もあり、現時点で身長が低いことを悲観する必要はありませんが、将来的には身長は低いより高いほうが望ましい、ということは言えそうです。

メッシのように身長が低くても爆発的なパワーを持つ選手もいますので、上記の論文もあくまでも「一般論」です。一般論は天才には通用しない部分がありますので、参考程度にとどめてください。

FFPにも全国平均の身長よりも低い子はたくさん選出されています。半数に近い数が全国平均身長に満たない選手です。GKやバックはゴールとの関係で身長が考慮される部分もあるかもしれませんが、身長だけでどうなる世界でもないようです。

サッカーのセレクション合否者の気になるデータをまとめてみました(ジュニアサッカーNEWS)

うちの子の身長はいつ伸びる?

6226699884_d0cd537c97_mphoto:Adeel Anwer

東海保健体育科学という雑誌に、次のような論文が載っています。引用します。

FPの身長・体重はU15で非常に大きな値を示し、U15もしくやU17からU22にかけて漸増する傾向がある。

GKの身長はU13ですでに170cmレベルの選手が多く、U23まで大きな伸びは見られない。

サッカー選手の全身及び大腿部の筋肉の発達は、身長の伸びと同様、平均的に見た時にU17近辺でほぼ終息してしまうというデータもあります。

お子さんの身長が低い場合には身長に変わる武器を得る工夫を、身長が伸び始めている場合は体の不安定な時期に負荷をかけすぎない工夫が必要です。そういう体作りの配慮をしてくれる進路先を見つけるのも大切なのは、言うまでもありません。

日本のサッカー選手の除脂肪体重と筋断面積ーU13からプロまでの年齢変化(参照:東海保健体育科学31 2009年)


身長に左右されない武器も大事

2341463954_bc440c70fa_mphoto:Tetsumo

三重県で1999年に報告された「ジュニアユースサッカー選手(中学3年生)の体力特性ー等速性脚筋力と最大無酸素性パワーを中心にー」という論文があります。

その論文によると、最大無酸素性パワー、足の筋肉と身長との間には、深い関係があるというデータが示されています。ですが、このような論述もされています。

サッカーゲームのパフォーマンスを考える場合、ボールをうまくコントロールする技能や戦術的なひらめきと言った能力も極めて重要な要素であることは言うまでもない。今回の対象者の中には、瞬発的パワーは小さくても、ボールコントロールに優れた選手や戦術的ひらめきのするどい選手も選出されている。

身長が低い選手、身長は高くても瞬発力に劣る選手は「ボールコントロール」「戦術的ひらめき」という点を伸ばすことが同世代の中で抜きんでるポイントだといえるでしょう。

1999年度報告「ジュニアユースサッカー選手(中学3年生)の体力特性ー等速性脚筋力と最大無酸素性パワーを中心にー」(参照サイト:三重県学校ネットワーク」

身長は高いに越したことはない。それは、間違いないようです。しかし、サッカーは筋力だけでやるものではありません。身長が高いのは「有利」にすぎず、決め手にはならないようです。身長は環境要因も大きいですが、遺伝要素も無視できません。お子さんの身長がどのくらい伸びるかを冷静に見極め、必要なアドバイスをしてあげてください。

関連記事

トレセンやセレクションの評価に影響大!体力テストの重要性を知っておこう

サッカーのセレクション合否者の気になるデータをまとめてみました

【トレセン保護者100名アンケート結果】運動能力徹底検証!

差が歴然!2016年度FFPトレセン選手の誕生月分析結果

身長=遺伝はもはや都市伝説!?科学的に理にかなった身長を伸ばす方法について調べてみた

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterMiz
東京在住ライター。ジュニアサッカーを見守って11年。群馬県出身。

冬休みにスキーに行きました。
…ばきばきの筋肉痛になりました。しかも、なかなか治らない。

今年の目標は、「運動をする」です。
そして今年中にパパリーグに遊びに行く!

そのためには、まずウォーキングから始めようかと思います…(弱気)

コメント欄

*

本日の人気記事ベスト10

Return Top