ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

必見!「JA全農杯チビリンピック小学生8人サッカー大会」をもっと楽しむ方法!全国大会5/3~5開催!

2018年5月3日(木祝)~5日(土祝)開催「JA全農杯チビリンピック2018 小学生8人制サッカー大会 全国決勝大会」の組合せが決定しました!
組合せは⬇こちら
JA全農杯チビリンピック2018 小学生8人制サッカー大会 全国決勝大会

今年も5月3日~5日3日間、JA全農杯チビリンピック小学生8人制サッカー大会が、開催されます。12月に行われる「全日本少年サッカー大会」と並んで全国の小学生が日本一を目指す本大会には、他の大会にはない大きな特徴があります。その試合方法を初めとして、歴代優勝チーム、各地域予選等の情報を皆様にご紹介します。

チビリンピックサッカー大会ってどんな大会?

チビリンピックは、1979年から毎年5月5日、全国農業協同組合連合会(JA全農) 特別協賛で行われているイベントです。日産スタジアムでは、親子マラソンやリレー、横浜市港北スポーツセンターでは卓球などが行われます。歴史は長く、親子三代にわたって出場している人もいる、「チビッコのためのオリンピック」、略して「チビリンピック」です。

チビリンピックの最大行事として開催されるのが、「JA全農杯チビリンピック小学生8人制サッカー大会」(通称チビリン)です。2003年から始まり、今年で15回目を迎えます。小学生のサッカー大会は、普通15分ハーフや、20分ハーフで進められますが、チビリンは、12分×3ピリオド 計36分で競われます。その他以下のような特別ルールがあります。

チビリンピックの特別ルール

★ 選手の交替:第1ピリオドと第2ピリオド間では選手を総替えすること。
★第3ピリオドは交代自由とする。
★同一選手の出場は最大で2ピリオドまでとし、3ピリオド全てに出場することはできない。
★ 延長戦については前後半で同一選手の出場を可とする。また、自由な交代を適用する。
(参照:2016年度大会要項)

選手を総替えするというルールで、多くの選手が試合に出場するチャンスがあります。

チビリンは、各地域(北海道1、東北1、関東2、北信越1、関西1、四国1、中国1、九州1)の予選を勝ち抜いた10チームしか全国大会に出場できないというたいへん狭き門です。多くは5年生時に行われる新人戦(関西・東海は予選が4年生時に始まるところも)がその予選となり、地区大会→県大会→地域大会の優勝チーム(関東は2チーム)がその権利を獲得します。
*東海地区は、2018年度大会から6年生の参加が検討されているという情報をいただきました。これにより、2017年度内に行われる予選は5年生の大会になるようです。

それでは、2018年度の地域予選情報をお届けします。

2017年度地域予選情報

◆北海道予選
2018年度 全道少年(U-12)8人制サッカー大会 兼 第15回 JA全農杯チビリンピック小学生 8人制サッカー大会北海道予選
◆東北予選
2018年度 JA全農杯チビリンピック20178 小学生8人制サッカ-大会 東北ブロック予選
◆北信越予選
JA全農杯2018全国チビリンピック IN北信越 兼 第23回北信越少年サッカー新人大会
◆関東予選
JA全農杯チビリンピック2018小学生8人制サッカー大会 関東予選
◆関西予選
JA全農杯チビリンピック2018小学生8人制サッカーin関西
◆東海予選
JA全農杯チビリンピック2018小学生8人制サッカー IN 東海
◆中国予選
JA全農杯チビリンピック2018小学生8人制サッカーIN中国 兼 第16回中国ユースサッカーU-12ジョイフル大会
◆四国予選
JA全農杯チビリンピック8人制サッカー大会四国予選2018
◆九州予選
JA全農杯チビリンピック兼第24回九州ジュニア(U-11)サッカー大会

各地域の記事を見ていただければ分かると思いますが、地域大会に出場するまでに、多くの厳しい予選を勝ち抜いていかなければなりません。早い地区だと、前年の夏頃から予選をしています。

次は過去大会の結果をご紹介します。

コメント欄

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 関西だけでなく東海も、「4年生時に地方予選、5年生時に全国大会」でした。グランパスは何度も全国大会上位になってますが、名前は登録名の「U-12」でも中身は全国大会時5年生で構成したチームだったと思います。
    その東海も、2018年5月の全国大会分から(地方予選は2017年実施分から)は他地方同様に1学年あげるみたいです。

    • 匿名様
      はじめまして。たいへん貴重な情報をありがとうございます。記事に反映させていただきました。また何かございましたら、コメントをお待ちしております。今後ともジュニアサッカーNEWSをよろしくお願いいたします。

コメント欄

*

注目の記事

ジュニアサッカー応援団’S

Return Top