ジュニアサッカーNEWS

少年サッカー、中学生サッカー、高校サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2016年度 第40回全日本少年サッカー大会決勝大会 優勝はセンアーノ神戸(兵庫県代表)!動画あり

2016年度 第40回 全日本少年サッカー大会

LINE速報グループから情報いただきました、ありがとうございます!

優 勝;センアーノ神戸
準優勝:横浜F.マリノス
第3位:ディアブロッサ高田FC、府中新町FC

img_1558
センアーノ神戸、勝利の瞬間

img_1559
表彰式

12/29 決勝結果速報

決勝 9:30 KICKOFF
横浜F・マリノス(神奈川) 1-2 センアーノ神戸(兵庫)

12/28 準決勝結果速報

準々決勝 14:00 KICKOFF
横浜F・マリノス(神奈川) 3ー2 ディアブロッサ高田FC(奈良)

15:15 KICKOFF
府中新町FC(東京) 0ー3 センアーノ神戸(兵庫)

12/28 準々決勝結果速報

準々決勝 9:30 KICKOFF
横浜F・マリノス(神奈川) 5-1 ヴァンフォーレ甲府(山梨)
鹿島アントラーズ(茨城) 2-3 ディアブロッサ高田FC(奈良)

準々決勝 10:45 KICKOFF
府中新町FC(東京) 1-0 新座片山フォルティシモ(埼玉2)
センアーノ神戸(兵庫) 1-0 北海道コンサドーレ札幌(北海道)

12/27 ラウンド16結果速報

府中新町FC 1-0 鳥取KFC
ガンバ大阪 1-1(PK2-3)新座片山フォルティシモ
FCレスター 0-6 センアーノ神戸
北海道コンサドーレ札幌 2-0 サガン鳥栖
サンフレッチェ広島 0-1 横浜F.マリノス
ヴァンフォーレ甲府 0-0(PK:12-11) BUDDY.FC
鹿島アントラーズ 2-0 京都長岡京SS
戸塚FC 0-1 ディアブロッサ高田FC

 

12月29日(木)に第40回全日本少年サッカー大会決勝が行われ、見事センアーノ神戸が日本一に輝きました。

センアーノ神戸の選手、保護者、関係者の皆様、優勝おめでとうございます!
また大会に参加されたチームの皆様はお疲れ様でした!

 

参照サイト:日本サッカー協会

決勝トーナメント組み合わせ速報

5410167130011


12月27日(火)結果速報※オレンジは勝ち点3、は勝ち点1

Aグループ
東海スポーツ(愛知)
 2-1 東陽FC(大分)
レノファ山口FC(山口) 1-0 ガンバ大阪(大阪)
東海スポーツ(愛知) 2-0 レノファ山口FC(山口)
東陽FC(大分) 1-4 ガンバ大阪(大阪)
東海スポーツ(愛知) 1-2 ガンバ大阪(大阪)
東陽FC(大分) 1-0 レノファ山口FC(山口)

チーム名 勝ち点 得失点差
東海スポーツ +2
ガンバ大阪 +3
レノファ山口 -2
東陽FC -3

Bグループ
比屋根FC(沖縄) 0-0 平章SSS(福井)
レノヴェンスオガサFC(岩手)1-3 京都長岡京SS(京都)
比屋根FC(沖縄) 1-2 レノヴェンスオガサFC(岩手)
平章SSS(福井) 0-9 京都長岡京SS(京都)
比屋根FC(沖縄) 0-3 京都長岡京SS(京都)
平章SSS(福井) 0-0 レノヴェンスオガサFC(岩手)

チーム名 勝ち点 得失点差
京都長岡京SS +14
比屋根FC -4
平章SSS -9
レノヴェンスオガサFC -1

Cグループ
石井FC(徳島) 1-2 松本山雅FC(長野)
サンフレッチェ広島(広島) 0-0 カルチャトーレ(鹿児島)
石井FC(徳島) 0-1 サンフレッチェ広島(広島)
松本山雅FC(長野) 3-1 カルチャトーレ(鹿児島)
石井FC(徳島) 2-1 カルチャトーレ(鹿児島)
松本山雅FC(長野) 1-2 サンフレッチェ広島(広島)

チーム名 勝ち点 得失点差
松本山雅FC +2
サンフレッチェ広島 +2
石井FC -1
カルチャトーレ -3

Dグループ
北海道コンサドーレ札幌(北海道)
1-0 アルビレックス新潟(新潟)
エストレージャスFC(福島) 0-3 鹿島アントラーズ(茨城)
北海道コンサドーレ札幌(北海道)
 3-0 エストレージャスFC(福島)
アルビレックス新潟(新潟) 0-4 鹿島アントラーズ(茨城)
北海道コンサドーレ札幌(北海道) 1-1 鹿島アントラーズ(茨城)
アルビレックス新潟(新潟) 0-4 エストレージャスFC(福島)

チーム名 勝ち点 得失点差
鹿島アントラーズ +7
北海道コンサドーレ札幌 +4
アルビレックス新潟 -9
エストレージャスFC -2

Eグループ
屋島FC(香川) 0-4 センアーノ神戸(兵庫)
新座片山フォルティシモ(埼玉2) 1-0 スポルティフ秋田(秋田)
屋島FC(香川) 0-3 新座片山フォルティシモ(埼玉2) 
センアーノ神戸(兵庫) 9-0 スポルティフ秋田(秋田)
屋島FC(香川) 1-2 スポルティフ秋田(秋田)
センアーノ神戸(兵庫) 2-2 新座片山フォルティシモ(埼玉2)

チーム名 勝ち点 得失点差
屋島FC  -10
センアーノ神戸  +13
新座片山フォルティシモ +7
スポルティフ秋田 ー10

Fグループ
鳥取KFC(鳥取)
 2-2 ファナティコス(群馬)
和歌山ヴィーヴォまつえ(和歌山) 1-1 JFCレインボー長崎(長崎)
鳥取KFC(鳥取)
 1-0  和歌山ヴィーヴォまつえ(和歌山)
ファナティコス(群馬) 
1-0 JFCレインボー長崎(長崎)
鳥取KFC(鳥取) 3-1 JFCレインボー長崎(長崎)
ファナティコス(群馬) 2-3 和歌山ヴィーヴォまつえ(和歌山)

チーム名 勝ち点 得失点差
鳥取KFC +3
ファナティコス 4
和歌山ヴィーヴォまつえ
JFCレインボー長崎 -3

Gグループ
ヴァンフォーレ甲府(山梨) 1-0 ディアブロッサ高田FC(奈良)
Jフィールド岡山(岡山) 0-5 ソレッソ熊本(熊本)
Jフィールド岡山(岡山) 1-8 ディアブロッサ高田FC(奈良)
ソレッソ熊本(熊本) 
3-1 ヴァンフォーレ甲府(山梨)
Jフィールド岡山(岡山) 0-11 ヴァンフォーレ甲府(山梨)
ソレッソ熊本(熊本) 1-2 ディアブロッサ高田FC(奈良)

チーム名 勝ち点 得失点差
Jフィールド岡山  0 -23
ソレッソ熊本 +6
ディアブロッサ高田FC +7
ヴァンフォーレ甲府  +10

Hグループ
大門少年SC(富山) 0-6 青森FC(青森)
サガン鳥栖(佐賀) 4-0 ヴェルフェたかはら那須(栃木)
大門少年SC(富山) 0-18 サガン鳥栖(佐賀)
青森FC(青森) 
2-0 ヴェルフェたかはら那須(栃木)
大門少年SC(富山) 2-3 ヴェルフェたかはら那須(栃木)
青森FC(青森) 1-3 サガン鳥栖(佐賀)

チーム名 勝ち点 得失点差
大門少年SC  0 -26
青森FC  6 +5
サガン鳥栖  9 +25
ヴェルフェたかはら那須  3 -4

Iグループ
大社SSC(島根) 1-3 FCレスター(岐阜)
大篠SSS(高知) 0-6 トリプレッタSC(千葉)
大社SSC(島根) 
9-0 大篠SSS(高知)
FCレスター(岐阜)
 3-3 トリプレッタSC(千葉)
大社SSC(島根)
 2-2 トリプレッタSC(千葉)
FCレスター(岐阜) 8-0 大篠SSS(高知)

チーム名 勝ち点 得失点差
大社SSC  +7
FCレスター  +10
大篠SSS  -23
トリプレッタSC  +6

Jグループ
横浜F・マリノス(神奈川) 3-0 太陽SC宮崎南(宮崎)
入江SSS(静岡) 5-0 最上UNITED.FC(山形県)
横浜F・マリノス(神奈川) 3-2 
入江SSS(静岡)
太陽SC宮崎南(宮崎) 2-0 最上UNITED.FC(山形)

横浜F・マリノス(神奈川) 5-0 最上UNITED.FC(山形)
太陽SC宮崎南(宮崎) 1-2 入江SSS(静岡)

チーム名 勝ち点 得失点差
横浜F.マリノス  9 +9
太陽SC宮崎南 -2
入江SSS +5
最上UNITED.FC -12

Kグループ
戸塚FC(埼玉) 1-1 BUDDY・FC(福岡)
ベガルタ仙台(宮城) 0-0 FC Livent(愛媛)
戸塚FC(埼玉)
 1-0 ベガルタ仙台(宮城)
BUDDY・FC(福岡)
 2-1 FC Livent(愛媛)
戸塚FC(埼玉) 4-0 FC Livent(愛媛)
BUDDY・FC(福岡) 3-0 ベガルタ仙台(宮城)

チーム名 勝ち点 得失点差
戸塚FC +5
BUDDY・FC +4
ベガルタ仙台 -4
FC Livent -5

Lグループ
テイヘンズFC金沢(石川) 1-2 ラピド名張FC(三重)
亀山SSS(滋賀) 1-2 府中新町FC(東京)
テイヘンズFC金沢(石川) 1-2 亀山SSS(滋賀)
ラピド名張FC(三重) 2-3 府中新町FC(東京)
テイヘンズFC金沢(石川) 0-3 府中新町FC(東京)
ラピド名張FC(三重)
 3-2 亀山SSS(滋賀)

チーム名 勝ち点 得失点差
テイヘンズFC金沢  0 -5
ラピド名張FC +1
亀山SSS -1
府中新町FC +5

<日程>

■12月25日(日) 開会式
■12月26日(月) 1次ラウンド第1戦・第2戦
■12月27日(火) 1次ラウンド第3戦・ラウンド16
■12月28日(水) 準々決勝・準決勝
■12月29日(木) 決勝

<会場>

■開会式 
鹿児島市民文化ホール(鹿児島県鹿児島市)
■1次ラウンド第1戦・第2戦 
鹿児島ふれあいスポーツランド(鹿児島県鹿児島市)
■1次ラウンド第3戦・ラウンド16 
鹿児島ふれあいスポーツランド(鹿児島県鹿児島市)
■準々決勝 
鹿児島県立鴨池補助競技場(鹿児島県鹿児島市)
■準決勝 
鹿児島県立鴨池陸上競技場(鹿児島県鹿児島市)
■決勝 
鹿児島県立鴨池陸上競技場(鹿児島県鹿児島市)

<大会概要>
【概要】

日本サッカー協会と読売新聞社、日本体育協会が共催する小学生年代最大規模の大会です。
ジュニア世代の大会の中でも最も注目を集める大会と言われており、日本の将来をになう少年たちのサッカーへの興味、関心を深め、さらに技術の向上と健全な心身の育成・発達を図ることを目的に1977年より毎年開催されています。
2015年度より8月開催から12月開催へと変更されました。第41回大会までは鹿児島県で開催されることが決定しています。

参加チームとその数
参加チームは、以下により選出された48チームにて行う。
(1) 都道府県代表として各1チーム 計47チーム
(2) 前年度優勝チーム枠として1チーム(第39回大会優勝チーム都道府県:埼玉県)

大会形式
(1) 1次ラウンド:出場48チームを4チームごとの12グループに分けリーグ戦を行う。
なお、前年度優勝チーム枠による同都道府県出場チーム同士は、同グループでは対戦しない。
(2) 1次ラウンドにおける順位の決定方法は、勝利3点、引分1点、敗戦0点の勝点により、勝点の多い順に決定する。なお、勝点の合計が同一の場合は、①全試合の得失点差(総得点-総失点)、②全試合の総得点、③当該チーム同士の対戦成績(勝敗)により順位を決定する。④①~③の全項目において同一の場合は、抽選により決定する。
(3) また、1次ラウンドの各グループ2位チームのうち、決勝ラウンドに進出する4チームは、①グループ内での勝点合計、②グループ内での得失点差、③グループ内での総得点数により決定する。④①~③の全項目において同一の場合は、抽選により決定する。
(4) 決勝ラウンド:1次ラウンド各グループ1位チーム及び各グループ2位チームの上位4チーム計16チームによるノックアウト方式にて優勝以下第3位までを決定する(第3位決定戦は行わない)。なお、1次ラウンド同組同士はラウンド16、準々決勝では対戦しない。

競技会規定
・試合時間は40分(前後半各20分)とする。ハーフタイムのインターバル(前半終了から後半開始まで)は原則10分間とする。
・既定の試合時間内に勝敗が決しない場合、1次ラウンドは引き分けとする。ラウンド16・準々決勝はペナルティキック方式により勝利チームを決定する。準決勝・決勝戦は10分間(前後半各5分)の延長戦を行い、なお決しない場合はペナルティキック方式により勝利チームを決定する。
・延長戦に入る前のインターバルは原則5分。ペナルティキック方式に入る前のインターバルは原則1分。

大会要項(参照サイト:日本サッカー協会)

【テレビ放映】

準決勝:12月28日17時~BS日テレ
決勝:12月29日10時半~日本テレビ
特別番組:1月29日16時半~BS日テレ
参照サイト:世田谷少年サッカー連盟


2016年度 大会結果

優 勝:
準優勝:
第3位:

こちらからも情報提供お待ちしております!
Facebook速報グループはこちら
LINE速報グループはこちら
気軽に投稿していただける掲示板はこちら
お問い合わせフォームはこちら

決勝ラウンド

決勝
準決勝
準々決勝
ラウンド16

1次ラウンド組み合わせ

zennnihonn

タイムテーブル

zennnihonn2参照サイト:日本サッカー協会

優勝チーム紹介

2016年度 各都道府県予選

北海道

北海道大会 代表:コンサドーレ札幌U-12

東北

青森県大会 代表:青森FC
岩手県大会 代表:RENUOVENS OGASA FC ジュニア
宮城県大会 代表:ベガルタ仙台
秋田県大会 代表:スポルティフ秋田アミーゴス
山形県大会 代表:最上ユナイテッド
福島県大会 代表:ESTRELLAS.FC

関東

茨城県大会  代表:鹿島アントラーズ
栃木県大会  代表:ヴェルフェたかはら那須U12
群馬県大会  代表:ファナティコス
埼玉県大会  代表1:戸塚SC  代表2:新座片山
千葉県大会  代表:トリプレッタSC
東京都大会  代表:府中新町FC
神奈川県大会 代表:横浜F.マリノスプライマリー
山梨県大会  代表:ヴァンフォーレ甲府U-12

北信越

新潟県大会 代表:アルビレックス新潟U-12
富山県大会 代表:大門
石川県大会 代表:テイヘンズFC金沢U-12
福井県大会 代表:平章サッカースポーツ少年団
長野県大会 代表:松本山雅U12

東海

岐阜県大会 代表:FCレスター
静岡県大会 代表:入江SSS
愛知県大会 代表:東海スポーツ
三重県大会 代表:ラピド名張FC

関西

滋賀県大会  代表:亀山SSS
京都府大会  代表:長岡京SS
大阪府大会  代表:ガンバ大阪ジュニア
兵庫県大会  代表:センアーノ神戸Jr
奈良県大会  代表:ディアブロッサ高田
和歌山県大会 代表:SC和歌山ヴィーヴォ

中国

鳥取県大会 代表:鳥取KFC
島根県大会 代表:大社少年サッカークラブ
岡山県大会 代表:Jフィールド岡山Jr
広島県大会 代表:サンフレッチェFC
山口県大会 代表:レノファ山口FC U-12

四国

徳島県大会 代表:石井SSS
香川県大会 代表:屋島FC
愛媛県大会 代表:リヴェント
高知県大会 代表:大篠SSS

九州

福岡県大会  代表:BUDDY
佐賀県大会  代表:サガン鳥栖U-12
長崎県大会  代表:JFCレインボー長崎
熊本県大会  代表:ソレッソV
大分県大会  代表:東陽FC
宮崎県大会  代表:太陽宮崎南SC
鹿児島県大会 代表:カルチャトーレ
沖縄県大会  代表:比屋根FC

全国各地の最新情報はこちら

全国少年サッカー応援団


過去の大会結果

<2015年度>

優 勝:レジスタFC(埼玉県)
準優勝:鹿島アントラーズ(茨城県)
第3位:符津SS(石川県)、兵庫FC(兵庫県)

その他の結果はこちら

<2014年度>

優 勝:セレッソ大阪(大阪府)
準優勝:柏レイソル(千葉県)
第3位:横河武蔵野FC(東京都)、レジスタFC(埼玉県)

その他の結果はこちら

<2013年>

優 勝:鹿島アントラーズ(茨城県)
準優勝:名古屋グランパス(愛知県)
第3位:ソレッソ熊本(熊本県)、大山田SSS(三重県)

その他の結果はこちら

<2012年>

優 勝:新座片山FC(埼玉県)
準優勝:柏レイソル(千葉県)
第3位:バディーSC(神奈川県)、名古屋グランパス(愛知県)

その他の結果はこちら

最後に

大会結果は分かり次第更新していきます。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterMiz
東京在住ライター。ジュニアサッカーを見守って12年目突入。群馬県出身。

8月18日(金)から20日(日)まで、駒沢で行われるバーモントカップの取材に行ってます。

1日目、コンサのお母さんに塩分タブレットをいただき(ごちそうさまでした!)、
2日目、茨城ライングループの方に一緒に観戦していただき(ありがとうございます)
津ラピドのお母さんたちにもらい泣きさせられました
(もう…いい人たちすぎる!)。
明日は誰に会えるかな🌟

高校選手権東京都予選も先日観戦してきました。
高校の校庭を使った会場だったので、
同級生たちが校舎2階の窓から声援を飛ばしたりして、
それもまたそこでしか味わえない雰囲気がありました。

雨だったので、校庭は泥の海。女子からは
「もっと近くで応援しようよ!」「泥球が飛んでくるから嫌~!」
と叫んでる声が。

みなさんの「高校サッカー」が、1日でも長く続きますように!

コメント欄

*

今週の人気記事ベスト10

ジュニアサッカー応援団’S

La Meta ラ・メタ
PROJECT OFFER
フレア合同会社
ペナスタ博多
那珂南FC
Return Top