ジュニアサッカーNEWS

少年サッカー、中学生サッカー、高校サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【新潟県】U-11保護者向け・来年夏の全国一斉トレセン(FFP)を目指すためのデータ分析

FFPって?

2015年度より導入された新しいトレセン制度です。
47都道府県から選ばれたトレセンチーム、計48チーム(東京2チーム)が参加し、計768名の選手が集まる大規模なトレセンです。
全日本少年サッカー大会が冬開催へと変更になったことで夏のジュニアの予定が大幅に空いたということも受け開催されることとなりました。
今までは全国の選手を一斉に集める形でのトレセンU-12を廃止し、9つに分けた地域ごとで開催していましたが、特に地方の選手にとっては刺激が弱くなるなどマイナス面も指摘されていたということも開催が決定した大きな要因と言えます。
U-12世代にとってのスキルアップの場だったり目標が一つ増えた形となります。

FFP詳細はこちら

新潟県FFP参加メンバー所属チーム一覧

2015年度 2016年度 total
グランセナ新潟FCジュニア 3 3 6
長岡JYFC U-12 0 4 4
club F3 2 1 3
浜浦コスモス2002 1 1 2
kF3 2 0 2
FC大和ジュニオルス 1 1 2
Nodegrati Sanjo FC 0 2 2
アルビレックス新潟U-12 1 0 1
小針レオレオSSS 1 0 1
柏崎FC 1 0 1
パストゥーディオ新潟FCJr 1 0 1
FC.ARTISTA U-12 1 0 1
Reiz長岡FC 1 0 1
吉田SC 1 0 1
三島JFC 0 1 1
分水FCJr 0 1 1
青山SS 0 1 1
Jドリーム三条 0 1 1

 

FFP選考メンバーによる新潟県トレセンの傾向

コンスタントに多人数選ばれているのはグランセナ新潟FC。その他のチームは、2015年度0名だった長岡JYFC(2015年度は4名)、clubF3など、他県に比べてクラブ間の偏りはあまり見られない。

常勝チームだけでなく、いつも予選リーグを勝ち抜けるとは限らない一部のチームからも選出されており、育成に対する新潟県の視点がうかがえる。トレセンは技術を選手及び指導者が持ち帰り、チームに還元することで地域全体の技術向上を目指そうという目的がある。

幅広いチャンスのために、県内全域から選手を集める姿勢を継続してほしい。


新潟県FFPの傾向

「2015年には、(5)各カテゴリーの全国大会において、新潟県チームのいずれかが常にベスト4以上の成績を収める」という目標を持って邁進している新潟県。

2016年3月には県協会主催の「U12ナショナルトレセン2015伝達講習会」も行われており、JFAの基準に沿ったトレセン選出目線が伝えられた模様である。

NiFAマスタープラン2007でも、JFAの指針に沿う形で公表されており、JFAの基盤に沿う姿勢を明確にしている。

JFAの育成年代の全体像としては、U-12年代に求められることは「個を光らせるパーフェクトスキルの習得時期」である。各スキルを磨くことを目標とし、「見る・判断する・技術を発揮する」良い習慣の追及ができるとみなされる選手が選出されると考えられる。

「2050年に向けて、(2)Jリーグ・Lリーグに新潟県出身プレーヤーが合計10人以上存在し続け、日本代表フル代表、年代別代表等に選出されて宇選手を輩出し続ける」を目標としている。

参照pdf:NiFAマスタープラン2007

参照サイト:ナショナルトレセン概要

新潟県FFPの特徴

身長のばらつきが少なく、平均身長(FP)150㎝ジャストと、高めの選手がそろっている。

170㎝~    0名
160㎝~170cm 1名
150㎝~160㎝ 9名
140cm~150㎝ 6名
130㎝~140㎝ 0名

新潟県FFPの選考基準について

選考基準は公表されていない。

新潟県FFPの求める選手像

新潟県独自の目線に寄る選手像は公表されていない。

JFAの基準に従うなら、

・「見る・判断する・技術を発揮する」ができる選手
・個を光らせるパーフェクトスキルを目指せる選手

が選出されることが想定される。


支部ごとの選手輩出数 2年間

新潟地区

11チーム 20名

上越地区

2チーム 3名

中越地区

5チーム 9名

下越地区

0チーム 0名

保護者アンケート

※新潟県のコメントはまだありません。いただいたコメントは編集したのち、使わせていただきます。

コメント募集

ジュニアサッカーNEWSでは、実際に新潟県トレセン(支部トレセン、地区トレセン、ブロックトレセンを含む)に参加している選手の保護者からのコメントを募集しています。トレセンを目指す後輩たちのために、また、日本サッカー界の底上げのためにぜひコメントを残してください!

もちろん個人が特定できない配慮をさせていただきます。コメント内容は、トレセンの選ばれ方、内容、トレセンに合格するために行った自主練などなんでも結構です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

photo:Denis

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterMiz
東京在住ライター。ジュニアサッカーを見守って12年目突入。群馬県出身。

8月18日(金)から20日(日)まで、駒沢で行われるバーモントカップの取材に行ってます。

1日目、コンサのお母さんに塩分タブレットをいただき(ごちそうさまでした!)、
2日目、茨城ライングループの方に一緒に観戦していただき(ありがとうございます)
津ラピドのお母さんたちにもらい泣きさせられました
(もう…いい人たちすぎる!)。
明日は誰に会えるかな🌟

高校選手権東京都予選も先日観戦してきました。
高校の校庭を使った会場だったので、
同級生たちが校舎2階の窓から声援を飛ばしたりして、
それもまたそこでしか味わえない雰囲気がありました。

雨だったので、校庭は泥の海。女子からは
「もっと近くで応援しようよ!」「泥球が飛んでくるから嫌~!」
と叫んでる声が。

みなさんの「高校サッカー」が、1日でも長く続きますように!

コメント欄

*

今週の人気記事ベスト10

ジュニアサッカー応援団’S

La Meta ラ・メタ
PROJECT OFFER
フレア合同会社
ペナスタ博多
那珂南FC
Return Top