ジュニアサッカーNEWS

少年サッカー、中学生サッカー、高校サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【新潟県】U-11保護者向け・来年夏の全国一斉トレセン(FFP)を目指すためのデータ分析

FFPって?・・・

2015年度より導入された新しいトレセン制度です。
47都道府県から選ばれたトレセンチーム、計48チーム(東京2チーム)が参加し、計768名の選手が集まる大規模なトレセンです。
全日本少年サッカー大会が冬開催へと変更になったことで夏のジュニアの予定が大幅に空いたということも受け開催されることとなりました。
今までは全国の選手を一斉に集める形でのトレセンU-12を廃止し、9つに分けた地域ごとで開催していましたが、特に地方の選手にとっては刺激が弱くなるなどマイナス面も指摘されていたということも開催が決定した大きな要因と言えます。
U-12世代にとってのスキルアップの場だったり目標が一つ増えた形となります。

FFP詳細はこちら

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSChief Editor、テクニカルマイスターWriterMiz

東京在住ライター。ジュニアサッカーを見守って12年目突入。群馬県出身。


ライターさんたちの好き勝手ブログができました。

https://ameblo.jp/green-card-juniorsoccer/


私はたぶん一番熱心な読者として、「仕事しろ!」って言われるほど頻繁に見に行ってるのですが、

更新がない→さびしいので自分で書く→なんか自分ばっかり記事増えちゃってどうしよう


というアメブロの無限ループにはまっています。

ライターさんたちの執筆を待ってます!


訪問してくださる皆様、誰のところでも気軽にコメントくださいね♪


コメント欄

*

ジュニアサッカー応援団’S

La Meta ラ・メタ
PROJECT OFFER
フレア合同会社
ペナスタ博多
那珂南FC
Return Top