ジュニアサッカーNEWS

ジュニア、小学生、中学生のサッカーニュースを速報で配信

地元のジュニアサッカーを一緒に応援しよう!応援していただける地域の商店、企業募集中!

ジュニアサッカーNEWS少年サッカー応援団サイトでは【企業応援団】を募集しています。

【企業応援団】とはジュニアサッカーNEWS、少年サッカー応援団の活動をサポートしていただき、子供達のイベントなどに協賛いただくスポンサー企業、フットサル施設のことです。地元の子供達、ジュニアサッカーを応援したいという団体様からのご応募お待ちしております。

【企業応援団】へのお願い 例

※企業・施設に応じて内容は変わりますので詳細はご相談ください。

スポンサー料・協賛金

地域を活性化させる目的で行う当事務局主催の各種大会・イベントの運営費用に充てさせていただきます
●実施例●
【被災地支援】チャリティジュニア個サル開催
パパリーグ2016年度 福岡・沖縄先行開催

5664-e1463463387713

大会・イベント賞品の協賛

地域を活性化させる目的で行う当事務局主催の各種大会・イベントの参加者への賞品を提供していただきます
●実施例●
パパリーグ2015年度 福岡 賞品
リフティングランキングコンプリート賞

5664-e1463463387713

クーポンの発行

企業・施設のお店で使えるクーポンを発行し地域の皆様を一緒に応援していただきます
●例●
ドリンク1杯無料
フットサルコート利用300円引き

【企業応援団】のメリット 例

リンクバナーの掲載

ジュニアサッカーNEWS少年サッカー応援団
企業・フットサル施設のHPリンクを掲載します
juniorsoccer2

特定ターゲット層への販売

企業・施設の商品やサービスの販売(宣伝)をサイト上で保護者に向けて効果的に行うことができます
●実施例●
熱中症対策&感染症予防に!ラグビー界で話題の…
【出張無料】ジュニアサッカーの試合の写真をプ…
骨格が出来上がる11歳までに取り入れたい!身体…
その他アンケートも対応可能
5664-e1463463387713

大会・イベントでの宣伝

当事務局主催の個サルやパパリーグなどの各種イベントに協賛していただくことで宣伝効果が見込めます
5664-e1463463387713

各種イベントの開催(施設)

当事務局主催の個サルやパパリーグなどの各種イベントの開催地として定期的に利用します
5664-e1463463387713

お問合せはこちら
お申込みはこちら

企業応援団一覧

北海道

東北エリア

青森
秋田
山形
岩手
宮城
福島

関東エリア

東京
jnet_bn
株式会社 コアシステム

家族の笑顔を願う会社 Core System
子供たちの明るい未来のために。
健やかに子供が成長することは、家族全員が幸せな生活を送るための基本です。
コアシステムは、真心と情熱を込めた製品をお送りする事で、子供たちの可能性をサポートしています。

埼玉
神奈川
千葉
fellows_%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
fellows SPORTS(フェローズスポーツ)

千葉県浦安市のフットサル場です。フットサルのスクールや個人参加のイベント、コートレンタルなど各種メニューをご用意しています。
テニスやゴルフ、ダンスのスクールやレンタルスタジオもあります。
JR京葉線・新浦安駅から車で5分、首都高速湾岸線・浦安ランプから車で5分、最寄りバス亭から徒歩10分の場所にあります。
所在地:〒279-0024 千葉県浦安市 港3

群馬
栃木
茨城
山梨

北陸エリア

新潟
石川
福井
富山
長野

中部エリア

愛知
pr_bana_onestep
株式会社 ワンステップ

ジュニアサッカーの発展に尽力されている名古屋の企業様です。
医療用具の開発・販売にて海外でも高く評価されています。

三重
bana
鈴鹿フットサルクラブ

三重県中心部のフットサル場で、屋外人工芝コートが2面あります。個人参加フットサル、スクール、大会などを開催中。バブルサッカーなどの各種イベントもお楽しみいただけます。
車の場合は高速道路東名阪「芸濃IC」から約15分、電車の場合は伊勢鉄道「中瀬古町駅」から徒歩2分とアクセスしやすいのも魅力です。
所在地:鈴鹿市中瀬古町字松山415番地5

岐阜
静岡
bana
住宅プラス 10taku+

「住宅にプラスの発想。」をコンセプトに、デザイン性が高く低コストで住宅に+(プラス)の価値を与える商品を提案されている会社です。
おしゃれなコンテナハウスをはじめ、ガレージや家具・雑貨、リノベーションも手がけられています。
パパリーグやジュニア個サルなどにも御協力頂き、ジュニアサッカーの発展にも積極的に応援して頂いている企業様です!

関西エリア

大阪
main_bana
株式会社 イレブンスポーツプランニング

フットサルコートの運営やフットサルグッズの販売、フィットネスなども手掛けられている企業様です。同社が運営する大阪府高槻にあるフットサルコート「ペラディッソ」は室内なので雨でも安心!! 2015年にリニューアルした人工芝で快適なプレーが出来ます!
また、熊本の震災の際は会社を上げて熊本ジュニアサッカーへの復興支援を行うなど、日本のジュニアサッカー界を常に応援して下さる企業様です!
ペラディッソ所在地:大阪府高槻市柱本5丁目31-1

京都
兵庫
滋賀
奈良
和歌山

中国エリア

広島
岡山
山口
島根
鳥取

四国エリア

徳島
香川
愛媛
高知

九州エリア

main_bana01-1
株式会社クーバー・コーチング・ジャパング

クーバー・コーチング・ジャパンでは、現在、北は北海道から南は熊本まで全国各地でサッカースクールを開催し、2万人を超える子供たちが会員として在籍。また、春休み、夏休みにキャンプも開催しており、全国各地より1千人近くの子供たちが参加。スクールの無料体験参加者募集中!

福岡
NPO法人 レアッシ福岡フットボールクラブ

2015年10月にスペイン・バルセロナに本拠地を置くPreSoccerTeam(プレサッカーチーム)と業務提携し、国内・海外で活躍できる選手を育成・輩出することを目標としたサッカークラブです。
2016年現在クラブではジュニア(U-12)、ジュニアユース(U-15)、スクールではU-5~U-15の選手が所属しており、福岡市、及び周辺地域の市町を中心に活動中です。

news_bana
スポーツフィールドPacific筑紫野

福岡・筑紫野でフットサルをするならここ!
九州自動車道『筑紫野IC』より車で10分で、広々したフットサルコートを2面完備!大人も子供も楽しめるフットサル場です。
都会の喧騒を忘れさせてくれる絶好のロケーションで、なんと手ぶらでBBQ(要予約)も楽しむ事が出来ます!
所在地:福岡県筑紫野市天拝坂2-3-5

penasta_logo_line
ペナスタ博多

屋外人工芝コートが2面あるフットサル場です。
九州自動車道『太宰府IC』より車で10分で、安全面・クッション性が十分に確保された、国内最高峰の人口芝生でプレーができます。福岡都市高速で博多方面『大野城出口』より3分、太宰府方面『金の隈出口』より4分とアクセスは良好です。
所在地:福岡市博多区井相田2-3-3

pr_bana_sousei
株式会社 創誠

ジュニアサッカーへの協力に熱心な建設会社様です。福岡から全国にネットワークを広げ、日々技術力革新に取り組んでいます。これからも、伝統的な鳶の技術を活かしつつ、伝統を覆す、新しい分野へ挑戦し、社会に貢献します。

那珂南FC

我々、那珂南FCはいわゆる営利団体のクラブチームではありません。指導者をはじめ、お世話いただく役員さんや保護者の方々で運営されています。そのため子供たちは常日頃からたくさんの方々のご厚意に触れており、どのようにして自分たちがサッカーを楽しむ事ができているのかを考える機会となります。またホームグランドの那珂南小学校は福岡市南端に位置し、市内各所はもとより隣接する春日市や大野城市の子供たちも多数所属しております。学区内に限らないコミュニケーションの場が形成されているのも、子供たちに刺激を与える良い環境となっています。

熊本
佐賀
大分
長崎
宮崎
鹿児島
沖縄
news_bana
フットサルパーク東浜

沖縄でフットサルを楽しむならここで決まり!
南風原道路より車で10分で、広々したフットサルコートを2面完備!素敵なクラブハウスが皆様をお出迎えします。
更衣室やシャワー室、ロッカーも完備でナイター設備ももちろんあります!
所在地:沖縄県島尻郡与那原町字東浜96番地

企業応援団へのお申し込み





チーム名or企業名 (必須)

ご担当者様名 (必須)

ホームページorブログ(facebook可)URL (必須)

メールアドレス (必須)

都道府県(必須)

メッセージ本文

バナーがあれば添付下さい。ひとつ500KBまで

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード広報栗原
広報の栗原です。
ジュニアサッカーNEWSサイト全体の管理もしています。

最近腹巻をいただき何十年ぶりに装着したところめっちゃ良くて大量購入しそうな予感がしています。おすすめです。

あと寒くなってきてたまに猫が布団の中に入ってきてくるのが最高のご褒美です♡⍢⃝♡

かわいいかわいい!と触りすぎるとすぐ出ていってしまうので触っても我慢してくれるギリギリのラインを探るのが私の任務だと思って真剣に取り組んでいます☝

コメント欄

*

本日の人気記事ベスト10

Return Top