ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

セレクション・トレセン対策に効果があった「意外なもの」

サッカーの現場でも良く耳にする「メンタル」とはいったい何でしょう。

メンタルとは「心的。精神的。(広辞苑第五版)」と説明されます。心のありようすべてをひっくるめて「メンタル」といい、「フィジカル」の対義語としてスポーツの現場でも多く使われています。

メンタルはトレーニングで向上させることができます。「トレーニングで」というところに注意してください。「気合いだ、気合!」とカツを入れても、メンタルは向上しません。日頃からのトレーニングが大切になってくるようです。

トレセン・セレクションで必要な「メンタル」とは

メンタルとは精神的なものの強さすべてをさすようですが、特にジュニア世代のサッカーで「メンタル」と言われるときは

  • 初対面の人と意思疎通ができる
  • 初めての場所でも臆さないで自分を出すことができる
  • 予定外のことが起きたときに動じないで打開策を考える

という意味で使われていることが多いのではないでしょうか。(メンタルという言葉の意味はもっと多岐にわたります)

すると、まずトレセンやセレクションのときに必要な「メンタル」は

・初対面の人と意思疎通ができる=人見知りしない
・初めての場所でも臆さない・自分を出すことができる=物おじしない

この2つにあるということが言えそうです。

親に育てることができる「メンタル」

・初対面の人と意思疎通ができる
・初めての場所でも臆さない・自分を出すことができる

これは、慣れ親しんだ場所ではあまりトレーニングすることができない能力です。

今、ジュニアサッカーNEWSでは全国各地のコーチ・指導者に「トレセンについて」直接伺い、テーマに沿って特集しています。

その中で、ある意見がありました。実際に息子さんがトレセン選考会に挑んだ方です。

小学生は特に委縮しやすい。メンタルを鍛え、アウェイの状態に慣れるには個サルが良いと思う。人見知りをなくし、知らない子の間でプレーできるようにするには、個サルが良いと思う。同じ市内だと顔見知りもいるので、全く違う市のフットサルに参加させた。いろいろなレベルのところに連れていくこともやった。

確かに、トレセンやセレクションのような「アウェイ」の状態は、チームでは作ることができません。

全く知らない子と初対面の状態でチームを組み、ポジションを決め、その中でのびのびとプレーできること、周りを動かす練習ができることはほかでは得難い経験となります。

初めて参加したときにはがちがちになってしまうかもしれません。何もしゃべれないかもしれません。ですが、1度経験してしまえば、2回目からは「経験済みのこと」になります。

ちなみに、mさんのお子さんはその時のトレセンは残念な結果に終わってしまいましたが、個サル通いを続け、1年後に地域のジュニアユースチームに合格なさったということです。

さあ、個サルへ!まず「練習」として

ジュニアサッカーNEWSでは、1人で個サルはちょっと様子が分からなくて…という方のために、親子個サルを開催します。

ふかふかの人工芝、しかも天候に左右されない屋内フットサルコートで一緒に「フットサル」に参加してみませんか?1人では心細い、というお子さんもお父さんと一緒なら心強く参加できることでしょう。

5人以上のチームを組んで仲間同士でエントリーするも良し、親子で個人エントリーするのもOK!
試合と試合の合間には、✨キッズマッチ✨も行います。
賞品は閉会式に参加してくれた方達全員参加の「じゃんけん大会優勝者」に贈呈しますので、試合結果にかかわらずどなたにもチャンスあり!!

など、楽しいイベントも盛りだくさん。

①チームエントリーの場合
5人以上で1チームとなります。試合には最低でも大人1人、子ども1人を入れて出場してください。
例)大人4人+子供1名 ← OK!
大人5名 ← NG!
子供5名 ← NG!
大人だけのチーム、子どもだけのチームでのエントリーはご遠慮ください。

②親子個人エントリーの場合
パパと子ども(複数可)で、エントリーしていただき、当日集まった個人エントリーの皆さんで「チームグリーンカード」を結成!
気軽にご参加いただけます♪

詳しくはこちらから
親子でエンジョイ!6/17(日)に高槻にてパパ・チーム関係者+子どもの為のフットサル大会開催!初参加大歓迎!

最後に

こんな方にオススメ✨

親子でフットサルを一緒に楽しみたい!という方。
子どもにもっと試合経験を積ませたい!いろいろな人との試合を経験させたいという方。
③子どもと一緒にサッカーやフットサルをしたいけど、場所がなくて困っているという方。

ジュニアサッカーNEWSでは、このような方々のために少しでもお役に立てれば。と、各地でパパリーグやジュニア個サルを展開しています。

楽しみながら、メンタルを鍛える練習もできるならまさに一石二鳥ではないでしょうか。お父さんがサッカーを楽しんでいる姿を見ることで、お子さんがサッカーに対する気持ちもまた強くなることでしょう。

ぜひこの機会を活用してください!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS編集長水下 真紀
Maki Mizushita
1974年生まれ。群馬県高崎市出身、東京都在住。フリーライターとして地方紙、店舗カタログ、webサイト作成、イベント取材などに携わる。2015年3月からジュニアサッカーNEWSライター、2017年4月から編集長。ジュニアサッカー応援歴13年(現役続行中)。刺身で一番好きなのはカツオ。いつか高知の皿鉢料理を食べるのが夢。

先日、我が家のサッカー高校生が、サッカー人生初優勝を飾りました。
都大会優勝もかくやというほどの盛り上がりぶりでした。

10チーム大会、サイトにも載せてない小さな小さな大会ですが、
自力で優勝をつかみ取った子がどのくらい輝くのか、
しっかり見せてもらいました。

これだけ本気で喜ぶ姿を見せてもらえたら、
早朝の弁当作りは苦ではない!
…ということで、今日も5時起き、がんばってます\(^^)/

コメント欄

*

注目の記事

ジュニアサッカー応援団’S

Return Top