ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2018年度 ナショナルトレセンU-12まとめ

ナショナルトレセンU-12は毎年エリアごと(関東関西など9地域)にわかれて行われてます。

ナショナルトレセンのメンバーは、それぞれのエリアに該当する都道府県トレセンのメンバーの中から選出されていることがほとんどです。

2015年度より導入されたJFAフットボールフューチャープログラム(FFP)は47都道府県から選ばれたトレセンチーム計48チーム(東京2チーム)が参加し、計768名の選手が集まる今までにない大規模なトレセンです。

47都道府県で活動しているU-12トレセン参加選手・指導者が一堂に会した研修会「JFAフットボールフューチャープログラム トレセン研修会U-12」です。

2018年度のナショナルトレセンU-12、JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)のスケジュールを紹介します。

参加メンバー、詳細についてご存知の方は情報提供お願いいたします。お問い合わせフォームはこちら
※掲載しているスケジュールは変更になる場合があります。

トレセン最新更新情報!

サイト内のトレセン新着記事です。一覧はこちら

2018年度ナショナルトレセンU-12

北海道

ナショナルトレセンU-12北海道
2018年10月札幌

東北

東北トレセンマッチデーU-12
2018年5月27日(日)、2018年11月25日(日) 東北各地

東北トレセンU-12/11
2018年6月23日(土)~6月24日(日) 東北各地
2018年9月22日(土)~9月23日(日) 東北各地

ナショナルトレセンU-12東北
2018年9月日 山形市/山形市球技場(シミュレーション)
2019年1月  松島FBCor秋田スカイドーム(調整中)

関東

関東M-T-M交流戦
2018年7月

関東トレセンU-12(トレセンリーグ・交流戦)
男子:2018年12月
女子:2018年10月・12月・2019年1月

ナショナルトレセンU-12関東
2019年1月

北信越

北信越トレセンU-12
日程:わかり次第掲載します。

ナショナルトレセンU-12 北信越
日程:わかり次第掲載します。

東海

ナショナルトレセンU-12東海
2018年12月 三重県

ナショナルトレセンU-12 東海
2019年2月 静岡県

関西

ナショナルトレセンU-12 関西
日程:わかり次第掲載します。

中国

ナショナルトレセン中国U-12
日程:わかり次第掲載します。

四国

U-12四国トレセンキャンプ
2018年10月 徳島県

ナショナルトレセンU-12四国
2019年1月 高知県

九州

第30回九州地域少年サッカートレセン大会U-12
日程:2018年8月、2019年2月
場所:佐賀県

ナショナルトレセンU-12 九州
日程:2018年10月
場所:大分県湯布院町スポーツセンターG

ナショナルトレセンU-12 九州ファイナル
日程:わかり次第掲載します。



2018年度JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)

【日程】

2018年8月2日(木)~8月5日(日)

【場所】

岩手・静岡・愛媛

【概要】

2015年度より導入された新しいトレセン制度です。

2018年で4回目となります。2018年は47都道府県から16名ずつ(東京は32名)、合計768名の選手が選抜され、富士山の麓「時之栖」で開催されました。

47都道府県で活動しているU-12トレセン参加選手・指導者が一堂に会した研修会「JFAフットボールフューチャープログラム トレセン研修会U-12」です。

本研修会は試合、トレーニングのみならず、オフザピッチでのプログラム及び指導者、保護者との関わりを通じて、この年代のフットボールのグランドデザインについて総合的に考える場とします。U-12年代のチームの活動(リーグ戦・全国大会)と個の活動(トレセン)を両立させ、選手の日常的な活動を充実させることで、日本サッカーのレベル向上と、将来日本代表を目指す選手を育成することを目的としています。
参照サイト:日本サッカー協会(2017年度)

【2018年度 FFP参加メンバー&結果】

JFA公認指導者研修 JFAフットボールフューチャープログラム /トレセン研修会U-12

【目的】
・47FA都道府県で活動しているU-12トレセン参加選手・指導者の活動を視察し、U-12年代の現状を把握・理解する。
・U-12年代の指導に関するレクチャーやディスカッションなどを通じて指導者としてのレベルアップを図る。

<JFAフットボールフューチャープログラム トレセン研修会U-12>
・47FA都道府県で活動しているU-12トレセン参加選手・指導者が一堂に会した研修会を開催。
・U-12年代の「チーム活動」と「個の活動」を両立させ、選手の日常的な活動を充実させることで、日本サッカーのレベル向上と、将来日本代表を目指す選手を育成することを目的とする。

トレセンとは?

そもそもトレセンとは??という方のためにトレセンとはどんなものなのかをご紹介します。

目的

日本サッカーの強化・発展のため、
・優秀な選手の発掘・育成
・選手・指導者のレベルアップ
・選手・指導者の交流
・トレセン(トレーニングセンター)制度の充実・発展 を図ることとする。

具体的にどんな制度?

U-12、U-14、U-16(女子はU-12、U-15、U-18)を対象とした日本型発掘育成システムです。地区→都道府県→地域→全国にいたるシステムを形成しています。

チーム強化ではなく「個の育成」を目標とし、能力の高い個に対し良い環境と指導を与え、天井効果を排除します。

発掘・選考ばかりでなく双方向の流れを持ち、トレセンシステムを介して全国にビジョンや情報を伝える機能も持っています。

トレセン概要参照:日本サッカー協会

サッカークラブの練習と何が違うの?

トレセンでは、チーム強化ではなく、あくまでも「個」を高めることが目標です。

世界で闘うためには、やはり「個」をもっともっと高めていかなくてはなりません。

レベルの高い「個」が自分のチームで楽にプレーができてしまって、ぬるま湯のような環境の中で刺激なく悪い習慣をつけてしまうことを避けるために、レベルの高い「個」同士を集めて、良い環境、良い指導を与えること、レベルの高い者同士が互いに刺激となる状況をつくることがトレセンの目的です。

テクニックやフィジカルの面から、その「個」のレベルに合ったトレーニング環境を提供することは、育成年代において非常に重要な考え方です。

例えば所属しているチームが強豪チームのような強いチームでなくても「ナショナルトレセンメンバー」に選ばれれば、その才能をさらに伸ばす機会が与えられ全国レベルで注目されることも増えるかもしれません。

ナショナルトレセンコーチ紹介

ユース育成としては「ユース育成ダイレクター」「地域ユースダイレクター」「ナショナルトレセンコーチ[女子担当]」と3種類のコーチがいて、指導者養成としては「指導者養成ダイレクター」「JFAインストラクター」の2種類のコーチがいます。

日本サッカー協会HPで写真付きで紹介されています。

トレセンに選ばれたい!

トレセンの選考基準は地域や年代によって様々です。選考担当者の皆様に選考基準をお伺いしたところ「周りがきちんと見えていること」や「将来伸びる可能性を秘めていること」など色んな意見をいただきましたが、「何か光るものがある選手」が選ばれやすいのは間違いないようです。トレセン=「個をさらに伸ばす手段」なので、個として周りとは一味違うなと思わせることが選考の決め手となるようです。

もっと詳しく知りたい!

トレセンのもっと細かい仕組みや実際にお子さんがトレセンに選ばれた方の実体験などはこちらで紹介しています。よかったら参考にしてみてくださいね!

トレセンやクラブチームのセレクションについてはこちらで詳しく紹介しています。

日本サッカー協会にインタビューした記事はこちら!トレセンについてもお伺いしています。

各地域別

最後に

詳細は分かり次第更新していきます。

2018年度ナショナルトレセンU-14まとめ
2017年度ナショナルトレセンU-14まとめ
2016年度ナショナルトレセンU-12まとめ
2015年度ナショナルトレセンU-12まとめ
2014年度ナショナルトレセンU-12まとめ

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカードWriterあおはる
兵庫県在住。
2017年8月より、このお仕事を始め早くも1年近く経とうとしています。

趣味は、子ども達がスポーツでガンバル姿を見ること!
なのですが、娘(高3・バレー部)・息子(中3・クラブチームでサッカー)も、娘はインハイで負けていったん引退。
息子も早ければ夏まで(汗)

あたしの楽しみが終わってく~

もう一つの趣味のライブ参戦も受験生を頻繁に連れて行けず・・・

なので、2人の合格が決まるまでは、ガッツリお仕事を頑張りたいと思います!
よろしくお願いします( ̄ー+ ̄)

コメント欄

*

注目の記事

ジュニアサッカー応援団’S

Return Top