ジュニアサッカーNEWS

少年サッカー、中学生サッカー、高校サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2014年度 第38回 全日本少年サッカー大会 鳥取県大会 優勝はFCアミーゴ!

【2014年度の結果】

優勝:フットボールクラブアミーゴ
準優勝:就将サッカークラブ
3位:境フットボールクラブA

<決勝>
就将サッカークラブ 1-1(PK:0-2) FCアミーゴ
<準決勝>
就将サッカークラブ 1-0 境FC A
FCアミーゴ 5-4 弓ケ浜フットボールクラブ
<3位決定戦>
境FC A 4-2 弓ケ浜フットボールクラブ
38tottori

参照サイト:鳥取県サッカー協会


第38回 全日本少年サッカー大会 鳥取県大会

【日程】

■1回戦、準々決勝 2014年6月8日
■準決勝、決勝、3位決定戦 14日

【場所】

とりぎんバードスタジアム メイングラウンド(鳥取市蔵田423)天然芝
コカ・コーラウエストスポーツパーク球技場(鳥取市布勢146-1)天然芝

【概要】

ジュニア世代の大会の中でも最も注目を集める大会と言われています。

・鳥取県内各地区で予選を行い、それぞれの上位チーム計16チームが県大会に出場。
・優勝チームは第38回 全日本少年サッカー大会全国大会に出場。
・1位~3位のチームは第38回フジパンCUP 中国少年サッカー大会に出場。
大会概要(参照サイト:鳥取県サッカー協会


優勝チーム紹介

amigo

■監督・選手のコメント

金坂博 監督
就将SCはお互いに県西部でよく知っているチームなので、厳しい試合になると思っていました。大会を通じてギリギリの競り合いの試合が続きましたが、自分と仲間たちを信じてプレーしてくれたと思います。一発勝負の試合を勝ち上がることは、子どもたちにとって良い経験になると思っていますので、今大会で成長してくれたのではないでしょうか。全国大会の最高成績は12位で、あとはベスト16に入ったことがあります。先発以外の誰が出てもチーム力が落ちないようにして、16人全員で頑張って戦っていきたいです。

金坂捺 選手(キャプテン)
去年も決勝に出ていて、試合後は負けて悔しくて泣いたので、あの悔しさを晴らそうと思って全力でプレーしました。今日は試合が終わった後、すごく嬉しくて涙が出てきました。準決勝での接触プレーで頭を打って途中交代しましたが、決勝では問題なくプレーできたと思います。すごく競った試合で、後半終了間際に追い付かれてしまいましたが、延長に入ってもみんなが全力でプレーを続けていたので、PK戦で勝ててよかったです。PK戦は決める自信がありました(2人目のキッカーで成功)。全国大会では積極的に裏のスペースでボールをもらって、僕の持ち味のシュートで、ゴールをたくさん決めたいです。

参照サイト:日本サッカー協会

2014年度 各支部予選の結果

西部地区予選
第1代表:就将サッカークラブ
第2代表:FCアミーゴ
第3代表:境FC A
第4代表:弓ケ浜フットボールクラブ
第5代表:トレイス大山SC
第6代表:伯仙フットボールクラブ
第7代表:加茂サッカースポーツ少年団
その他の結果はこちら(参照サイト:鳥取県サッカー協会)中部地区予選
第1代表:FCティフォーネゆりはま
第2代表:三朝サッカースポーツ少年団
第3代表:北条町サッカースポーツ少年団
その他の結果はこちら(参照サイト:鳥取県サッカー協会)
東部地区予選
第1代表:鳥取キッカーズFC
第2代表:城北フットボールクラブ
第3代表:EASEフットボールクラブ
第4代表:河原フットボールクラブ
第5代表:中ノ郷FCトルネード
第6代表:日進ジュニアサッカーズ
その他の結果はこちら(参照サイト:鳥取県サッカー協会)


関連動画

第38回 全日本少年サッカー大会 鳥取県大会に関連する動画を探してみました。

優勝したFCアミーゴの決勝戦の写真がスライドショーになっていたので紹介します
全日鳥取県大会決勝戦 アミーゴ20140614

関連記事まとめ

第38回 全日本少年サッカー大会 鳥取県大会に関連する記事をまとめました。

■鳥取県大会公式結果
第38回全日本少年サッカー大会 都道府県大会 鳥取(日本サッカー協会)

第38回全日本少年サッカー大会 鳥取県大会(鳥取県サッカー協会)

■全国大会
2014年度 第38回全日本少年サッカー大会 決勝大会(ジュニアサッカーNEWS)

第38回全日本少年サッカー大会(日本サッカー協会)

鳥取県内の地域ごとの最新情報はこちら

過去大会の結果

【2013年度の結果】
優勝:鳥取KFC
準優勝:アミーゴFC
3位:岩倉キッカーズA
その他の結果はこちら(参照サイト:鳥取県サッカー協会)

関連記事1(参照サイト:日本サッカー協会)

【2012年度の結果】
優勝:アミーゴFC
準優勝:福米西サッカークラブ
3位:南部町スポーツ少年団サッカー部

最後に

決勝戦はFCアミーゴ 対?就将SC。西部地区予選の決勝と同じ顔合わせとなりました。
地区予選では1-0で就将SCに敗れたFCアミーゴでしたが、県大会では見事にPK戦を制し2年ぶり13回目の優勝を果たしました。
全国大会では惜しくも1次リーグで敗退となりましたが、今後の更なる活躍を期待します。

2015年度はどんな戦いが見られるのか、非常に楽しみです。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWritermuro
2016年8月をもってライターの職を辞することとなりました。
短い間でしたが、ユーザーの皆様やグリーンカードの皆様に助けられ、充実した時間を過ごすことができました。ありがとうございました。
ジュニアサッカーの更なる発展を、陰ながらお祈りいたします。

コメント欄

*

今週の人気記事ベスト10

ジュニアサッカー応援団’S

La Meta ラ・メタ
PROJECT OFFER
フレア合同会社
ペナスタ博多
那珂南FC
Return Top