ジュニアサッカーNEWS

少年サッカー、中学生サッカー、高校サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

頑張れ!バーモントカップ2017群馬県代表前橋エコークラブ  全国大会出場チーム紹介!

バーモントカップ 第27回全日本少年フットサル大会の群馬県大会を勝ち抜き、全国大会への出場切符を手にした『前橋エコークラブ』。チームの更なる活躍を願い、お話しをお伺いさせていただきましたので、ご紹介します。強さの秘密にも迫ります!

前橋エコークラブはバーモントカップ群馬県大会では準決勝を4-2、決勝を8-4と勝ち上がり、4年ぶりにバーモントカップ群馬県大会優勝の栄冠に輝きました!

県大会での勝因は?監督の分析

日頃8人制サッカーだけなのでフットサルを行う機会がないが、
地区予選を含めて徐々に慣れていき得点パターンが確立されたことが勝因だと思います。



バーモントカップ全国大会への抱負をどうぞ!

中山監督

4年ぶりの全国大会参加で、最高成績がベスト16!
これを追い越せるようにチャレンジしたい。

キャプテン(吉野 就惺(ナルセ)選手)

地区予選や県大会では、シュートミスやパスミスが多かったので、本大会では少ないチャンスをものにしたいです。
県大会決勝戦のようにチーム全員で声を掛け合い、1つでも多く勝てるように頑張りたいです。
4年ぶりの全国大会出場。4年前は予選敗退だったので、エコー魂で予選突破を狙いたいです。

チーム 基本情報

指導方針

指導方針として、試合も練習も「疲れてきてからが練習」と言い聞かせている。
肉体的、精神的に疲労が蓄積されてから日頃の成果が出せるように。(中山監督)

2017年8月現在、選手約50名、スタッフ5名で活動しています。
・バーモント大会全国大会出場歴 過去3回出場
・全日本少年サッカー大会出場歴 過去通算9回(スポーツ全国2回含む)
・Jリーガー輩出歴 吉沢 英生(Jリーグチーム監督)
連絡先などの情報はこちら


関連情報

最後に

4年ぶり4回目のバーモントカップ全国大会出場となる前橋エコークラブ。フットサルの試合を重ねるごとに得点パターンが出来上がってきたとのことで、全国大会でも活躍が期待されます!夢の舞台、ぜひ楽しんで、そして良い結果が出せるように応援しています!頑張れ、前橋エコークラブ!

画像:チーム提供

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS副編集長mar
1974年生まれ 長野県出身 現在福岡県在住。WEBライター歴6年。主に引越しや子育て、教育分野のコラムを執筆。
2016年11月からジュニアサッカーNEWSライター。
現在副編集長 兼 福岡県担当。

寒冷地育ちのため、防寒対策は全力!
こちら、暖かい九州でも携帯カイロ(特に靴の中用)が手放せません。

サッカー観戦の際、足元から冷える方はぜひ使ってみてくださいね。
寒さが全然違いますよ~。
最近では職場でも使うようになりました。カイロlove♪

コメント欄

*

ジュニアサッカー応援団’S

La Meta ラ・メタ
PROJECT OFFER
フレア合同会社
ペナスタ博多
那珂南FC
Return Top