ジュニアサッカーNEWS

少年サッカー、中学生サッカー、高校サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2014年度 第38回全日本少年サッカー大会京都府大会 優勝は京都紫光サッカークラブ!

15529065008_ff5c910797_z credit: MSC Academy U12 Green via FindCC

第38回全日本少年サッカー大会京都府大会

【日程】

■1回戦:Aブロック 2014年5月31日(土)Bブロック 6月1日(日)
■2回戦:Aブロック、Bブロック 6月8日(日)
■決勝戦、3位決定戦:6月15日(日)

【場所】

■1回戦:Aブロック みどりが丘第3(久世郡久御山町大字佐古小字梶石1-2)、日吉総合運動広場(京都府南丹市日吉町胡麻向大戸4番地3外)
■1回戦:Bブロック みどりが丘第2、第3
■2回戦:宝が池球技場(京都府京都市左京区松ヶ崎西池ノ内町)
■決勝戦、3位決定戦:京都府立山城総合運動公園?太陽が丘球技場 (京都府宇治市広野町八軒屋谷1)

【概要】

・日本サッカー協会と読売新聞社、日本体育協会が共催する小学生年代最大規模の大会です。

・優勝チームは、第38回全日本少年サッカー大会全国大会に出場できます。


2014年度の結果

優勝:京都紫光サッカークラブ
準優勝:加茂フットボールクラブA
3位:大山崎少年サッカークラブA

全日京都

京都府大会の結果はこちら(参照サイト:京都府サッカースポーツ少年団連盟)

優勝チーム紹介 京都紫光サッカークラブ

全日京都写真

■監督・選手のコメント

長谷川佳弘 監督
準決勝、決勝とも早い時間帯に得点できたことが勝因だと思います。ただ、予選リーグは無失点できていたのに、準決勝と決勝では1失点ずつしてしまい課題が残りました。キャプテンの掛見選手がケガをしたことで、5人で守って2人で攻めるという戦い方が明確になりました。本来はもっと繋ぐサッカーをしたいところですが。全国大会に向けて今のサッカーをより磨き、しっかりした守備からいい攻撃に繋げるようにしたいです。全国大会が選手たちのよい経験になるように、力が発揮できるようサポートしたいと思います。

掛見直央 選手(キャプテン)
腕を骨折して予選1試合しか出られませんでしたが、みんなで勝ち取った優勝だと思います。チームはまとまっていて連係もよく、練習からしっかりとできていたので今日の結果に結びつきました。準決勝と決勝は安心して見られました。頼もしかったです。全国大会までにケガを治して、みんなと戦えるように頑張りたいと思います。

松原綾成 選手
優勝できて良かったです。今大会では18得点できましたが、もっともっと取れたと思います。決勝の先制点になったFKは、思いどおりに蹴ることができてきれいに決まりました。あれで自分もチームも「行ける!」という気持ちになれました。キャプテンがケガをして、みんなで頑張らないと、という気持ちからチームがまとまりました。全国大会でも、京都大会の18得点以上と優勝と目指します。

参照サイト:日本サッカー協会


2014年度 各支部予選の結果

■京都市東地区予選 代表チーム

ブロック1位:修学院、らくほくA、紫光、西陣中央A、西野
ブロック2位:室町、花山、RioA、比叡、紫

その他の結果はこちら(参照サイト:京都サッカースポーツ少年団連盟HP)

■京都市西地区予選 代表16チーム+リノは地域予選シード

グループ1位:深草B、深草A、羽束師、下鳥羽、花園、桂、暁A、JマルカA、太秦A、醍醐、桂川、桂坂
2位グループリーグ1位:COREA、西京極、朱六、トライルA

その他の結果はこちら(参照サイト:京都サッカースポーツ少年団連盟HP)

グループリーグ結果1はこちら(参照サイト:京都サッカースポーツ少年団連盟HP)

グループリーグ結果2はこちら(参照サイト:京都サッカースポーツ少年団連盟HP)

■北部地区予選 代表チーム

綾部中筋、物部、網野、舞鶴南、舞鶴、修斉、東舞鶴R、福知山A、下六

その他の結果はこちら(参照サイト:京都サッカースポーツ少年団連盟HP)

■洛西地区予選

■宇治地区予選

大久保、御蔵山R、三室戸、鳳凰R、菟道、神明、小倉

1日目結果はこちら(参照サイト:京都サッカースポーツ少年団連盟HP)

2日目結果はこちら(参照サイト:京都サッカースポーツ少年団連盟HP)

■山城地区予選

大住A、木津川台、木津、梅美台B、ソルセウA、城陽、山田荘A、加茂A、久御山B、田辺
1、2日目結果はこちら(参照サイト:京都サッカースポーツ少年団連盟HP)

3日目結果はこちら(参照サイト:京都サッカースポーツ少年団連盟HP)

関連記事まとめ

■公式結果

第38回全日本少年サッカー大会京都府大会(参照サイト:京都府スポーツ少年団連盟)

第38回全日本少年サッカー大会京都府大会(参照サイト:日本サッカー協会)

 

■全国大会

2014年度 第38回全日本少年サッカー大会 決勝大会(ジュニアサッカーNEWS)

第38回全日本少年サッカー大会京都府大会(参照サイト:日本サッカー協会)

過去大会の結果

【2013年の結果】

優勝:Forest FC京都
準優勝:太秦サッカー少年団
3位:宇治翔F.Cスポーツ少年団

その他の結果はこちら(参照サイト:日本サッカー協会)

【2012年の結果】

優勝:京都紫光サッカークラブ
準優勝:花山
3位:ソルセウ

最後に

2014年度は名門、京都紫光サッカークラブが2年ぶり11度目となる優勝を果たしました。

予選リーグから府大会までわずか1失点という守りの高さ、松原綾成選手を中心として大量得点をあげる攻撃力、攻守共に強さを見せつけました。

2年前の全国大会ではベスト8という結果を残しましたが、今大会はベスト4以上を目指して全国に挑みます。負傷のため欠場していた中盤の要のキャプテンも全国大会から復帰します。全国での紫光の活躍に期待したいです!

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード広報栗原
こんにちは。
猫への愛が異常な広報栗原です。

最近は猫がにゃん玉ωをとってからとても懐いてくれて幸せってこういうことかと毎日噛みしめています。

うちの猫には窓越しにニャンこらお話しする猫の彼女がいるのですが、彼女を呼ぶときに「わんわーん!」と鳴くのがたいそうウケるので動画撮影できたらSNSに載せたいな、と思っています。

あっジュニアサッカーNEWSの仕事も頑張ろうと思っています。←

コメント欄

*

今週の人気記事ベスト10

ジュニアサッカー応援団’S

La Meta ラ・メタ
PROJECT OFFER
フレア合同会社
ペナスタ博多
那珂南FC
Return Top