ジュニアサッカーNEWS

少年サッカー、中学生サッカー、高校サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

U-16日本女子代表 中国遠征初戦はアメリカ代表に0-2と惜敗!

7/12~16にかけて、中国/山東省にて開催されている「CFA INTERNATIONAL WOMEN’S YOUTH FOOTBALL TOURNAMENT 2017 Weifang」に参加中のU-16日本女子代表は、12日に初戦となるU-16アメリカ女子代表との対戦を行いました。
前半は緊張からか中々リズムをつかむ事が出来ない中、36分アメリカ代表に先制点を許します。後半息を吹き返した日本代表でしたが、79分に再び失点を許しそのまま試合終了となってしまいました。
幾度となくアメリカゴールに迫る場面もありましたが、あと一歩が決めきれず悔しい初戦となりました。

CFA INTERNATIONAL WOMEN’S YOUTH FOOTBALL TOURNAMENT 2017 Weifang

第1戦 vs U-16アメリカ女子代表
2017年7月12日(水) キックオフ時間 16:00 試合時間 45分×2
Weifang Olympic Sports Park Stadium(中国/維坊)

U-16日本女子代表 0-2(前半0-1、後半0-1)U-16アメリカ女子代表

【得点】
36分 失点(U-16アメリカ女子代表)
79分 失点(U-16アメリカ女子代表)

【スターティングメンバー】
GK:大場朱羽
DF:松田紫野、富岡千宙、新井美夕、長江伊吹
MF:中江萌、伊藤彩羅、石田千尋、中尾萌々
FW:加藤もも、田中智子

【サブメンバー】
GK:山下莉奈
DF:渡邊那奈
MF:渡邊凜、伊藤めぐみ、山本柚月、木下桃香
FW:神谷千菜、大澤春花、善積わらい

【交代】
36分 富岡千宙 → 渡邊凜
40分 加藤もも → 神谷千菜
HT  石田千尋 → 木下桃香
HT  中江萌 → 山本柚月
86分 神谷千菜 → 大澤春花


監督・選手コメント

楠瀬直木 監督
中国遠征初戦アメリカ戦。アジア予選のシュミレーションとしてはこの大会でアメリカ、中国、カナダと対戦出来る事は大変有意義です。初めて代表のユニフォームに袖を通し、大会初戦ということもあり、緊張のせいか試合開始早々からミスを連発してリズムを掴むことが出来ず、ミスから失点。後半息を吹き返しゲームを支配しましたがCKから失点してしまい0-2で負けてしまいました。アジア予選を突破し、世界と戦っていくにはまだまだ基本技術を高めていかなければいけないと思います。しかし、40度近い気温の中、最後まで集中を切らさずプレー出来たことは、今まで培ってきた体力的なベースが上がってきたことでもあり、自信を失わずに明後日の中国戦に備えたいと思います。

DF #2 長江伊吹 選手(藤枝順心高)
中国遠征5日目の今日は、トーナメント初戦のアメリカとの試合でした。体も大きくスピードもある相手に前半は自分たちのミスで失点してしまい、また、パスミスやコミュニケーションが取れていないところがありました。後半は前半よりもボールが回るようになり、何度もペナルティエリアまで攻めることができましたが、最後のシュートの部分が雑になってしまい、1点も取ることが出来ず、0-2で負けてしまいました。私は大きな相手に対し、インターセプトや体を張るプレーができなかったことが改善しないといけないところだと感じました。残りの2試合では、今回の試合で出た課題を意識し、中国・カナダ相手に圧勝できるようにチーム全体で盛り上げていきます。そして、この遠征が無駄にならないよう、学んだことやアメリカとの試合での反省点、悔しさを忘れず自チームでも活躍していきたいです。AFC U-16女子選手権まで2ヶ月もないので、自分もチームも大きく成長し、他の国から恐れられるようなチームになれるように成長していきます。

MF #7 中尾萌々 選手(ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18)
この試合での個人の目標は、相手との間合いを考えてプレーし、判断を早くすることでした。相手の体格が大きく、フィジカルが強いのでいつもよりアクションを大きくしたり、相手の動きをよく見てできるだけ相手と接触しないでボールを前に運ぶことを意識しました。味方が相手を引きつけてくれ、良い態勢・間合いでボールを持てた時は、ドリブルでゴール前までボールを運ぶことはできませんでしたが、相手と1対1になったとき自分のスピードで相手を抜こうとすると体を当てられてボールを失ってしまう事があったので、相手の逆を取ることを普段からさらに意識して、練習に取り組んでいきます。

MF #8 伊藤彩羅 選手(日テレ・メニーナ)
今日は、午前中にトレーニングをしたあと、午後にアメリカ代表と試合をしました。試合の入りを大事にすることを意識して、試合に臨みました。今日の試合の反省点は、試合中に起こったミスを改善できないまま、試合が終わってしまったことと、ゴール前での正確性が欠けていたことだと思います。試合中に起こったミスは試合中にもっと話し合って改善するべきだし、ゴール前だからこそ落ち着いてプレーしなければいけません。逆に、海外の選手相手でも技術面や守備の面で通用する部分もあったので、そこは自信を持っていきたいです。今日出た課題を中国戦、カナダ戦までに少しでも改善できるように、明日のトレーニングからチーム全体としてしっかり取り組んで、残りの2試合を勝利して終われるようにしたいです。


スケジュール

7月9日(日) PM トレーニング
7月10日(月) AM/PM トレーニング
7月11日(火) AM/PM トレーニング
CFA INTERNATIONAL WOMEN’S YOUTH FOOTBALL TOURNAMENT 2017 Weifang
7月12日(水) 16:00 0-2 U-16アメリカ女子代表(Weifang Olympic Sports Park Stadium)
7月13日(木) AM/PM トレーニング
7月14日(金) 19:35 vs U-16中国女子代表(Weifang Olympic Sports Park Stadium)
7月15日(土) AM/PM トレーニング
7月16日(日) 16:00 vs U-16カナダ女子代表(Weifang Olympic Sports Park Stadium)

今後の予定

8/9~17 トレーニングキャンプ(国内)
9/1~5 トレーニングキャンプ(国内)
9/6~23 AFC U-16女子選手権 タイ2017(9/10~23)
9/11 vs オーストラリア( Institute of Physical Education Stadium)
9/14 vs バングラデシュ( Institute of Physical Education Stadium)
9/17 vs 朝鮮民主主義人民共和国(Chonburi Stadium)
9/20 準決勝(Chonburi Stadium)
9/23 3位決定戦/決勝(Chonburi Stadium)

(参照・引用:日本サッカー協会

関連記事

U-16日本女子代表 中国遠征(7/8~17@維坊) 参加メンバー発表!
U-16日本女子代表候補 栃木トレーニングキャンプ(6/12~15)メンバー発表!
なでしこジャパン(日本女子代表)メンバー発表!ジュニア時代通ったのはこんなチーム!

最後に

2017年9月に開催される「AFC U-16女子選手権タイ2017」への試金石ともなる今大会ですが、アメリカ・カナダといった強豪国と対戦できるまたとないチャンスとなります。
次戦中国戦に向けてしっかりと準備を整えて頑張ってください!応援しています!

コメント欄

*

ジュニアサッカー応援団’S

La Meta ラ・メタ
PROJECT OFFER
フレア合同会社
ペナスタ博多
那珂南FC
Return Top