ジュニアサッカーNEWS

少年サッカー、中学生サッカー、高校サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

U-20日本代表 惜しくもラウンド16敗退 FIFA U-20ワールドカップ

5月30日(火)にFIFA U-20ワールドカップ韓国2017のノックアウトステージが行われ、U-20日本代表はU-20ベネズエラ代表と対戦しました。
両チームともに相手ゴールへ攻めるも決定打には至らず、試合は0-0のまま90分延長戦へ突入しました。108分にベネズエラがコーナーキックから得点を上げ、120分に及ぶ戦いを制したベネズエラに軍配が上がりました。日本は惜しくもラウンド16敗退という結果となりました。

結果

ラウンド16
2017年05月30日17:00 KickOff(Daejeon World Cup Stadium)
U-20日本 2-2 U-20イタリア
108分 Yangel HERRERA

日本スターティングメンバー
GK 1 小島 亨介
DF 15 杉岡 大暉
DF 3 中山 雄太 (Cap.)
DF 5 冨安 健洋
DF 2 藤谷 壮
MF 8 三好 康児
MF 16 原 輝綺
MF 17 市丸 瑞希
MF 7 堂安 律
MF 18 髙木 彰人
FW 13 岩崎 悠人

控え選手
GK 12 波多野 豪
GK 21 山口 瑠伊
DF 6 初瀬 亮
DF 4 板倉 滉
DF 19 舩木 翔
MF 10 坂井 大将
MF 11 遠藤 渓太
FW 14 田川 亨介
FW 20 久保 建英

選手交代
8 三好 康児▼54分 OUT
11 遠藤 渓太▲54分 IN
18 髙木 彰人▼63分 OUT
20 久保 建英▲63分 IN
17 市丸 瑞希▼76分 OUT
4 板倉 滉▲76分 IN
14 田川 亨介▼112分 OUT
13 岩崎 悠人▲112分 IN

警告・退場
7 堂安 律69分 イエロー
4 板倉 滉78分 イエロー

監督・選手コメント

内山篤 監督
結果は非常に残念です。120分の死闘となりましたが、選手はよく頑張ってくれたと思います。前の試合から中2日で疲労が残る中、立ち上がりで相手の攻撃を凌げば、必ずチャンスは来るということを選手に話して、試合に臨みました。ゲームの展開は悪くなかったですし、守備面でもしっかりとラインコントロールをして、意識を高く持ってプレーしてくれました。ただ、勝負どころでの、オンのプレーの精度という部分に差が出たと思います。チームを立ち上げてから2年半、選手はさまざまな経験を積みました。今後に十分生きてくると思います。

DF #3 中山雄太 選手(柏レイソル)
全体を通して守備の集中力は高かったですし、これまでの試合に比べて流れは一番良かったと思いますが、そういう中でやられてしまい、非常に悔しいです。試合を重ねるごとに自分が成長している部分や課題もだんだん見えてきて、個人的にはポジティブな面が多かったので、ここで負けてしまって悔いが残ります。こういう高いレベルになってくると、相手がこちらの甘さに付け込んでくるというのを感じたので、そうした部分を今後に生かしていきたいです。

DF #4 板倉滉 選手(川崎フロンターレ)
途中交代でまずはしっかりと守備を固めて、中盤の底でボールを受けたらさばいていくことを心掛けました。この試合では1本で勝負を決められてしまうこと、そして一瞬の隙も与えてはいけないことを痛感しました。ただ勝てた試合でしたし、全員がもっとやれた、もっと戦えたと感じていると思うので、すごく悔しいです。世界と対峙して、ボランチの選手でも1人で打開できる前への推進力を備えていることが分かったので、自分もそうしたプレーができるようになりたいと思います。

MF #18 髙木彰人 選手(ガンバ大阪)
相手の攻撃陣の強さに押される場面もありましたが、徐々に自分たちのペースで進めることができ、チャンスもつくることができました。ただそこで、自分の決め切る力が足りなかったと思います。スタメンで何かを残そうという気持ちでプレーしていましたが、結果を出すことができなくて非常に悔しいです。この悔しさを胸に、チームに戻ってこれから頑張っていくしかないと思っています。

FW #13 岩崎悠人 選手(京都サンガF.C.)
自分たちの疲労に加え、相手はスピードもあり、セカンドボールを拾うことなど一つ一つの対応が遅れて後手に回ってしまいました。チャンスはつくりましたが、そこで決め切れず、それが最後に失点したシーンにつながったのかなと思います。世界はやっぱり大事な場面で決めてくるので、最後のフィニッシュや崩しのオンのプレーの精度はもっと高めていかなければいけないと感じました。自ら仕掛けるアグレッシブさや推進力もさらに磨いていきたいです。


スケジュール

FIFA U-20ワールドカップ韓国2017
5月20日(土) PM トレーニング
5月21日(日) 17:00 グループステージ第1戦 2-1 U-20南アフリカ代表
(Suwon World Cup Stadium/Suwon)
5月22日(月) AM トレーニング
5月23日(火) PM トレーニング
5月24日(水) 20:00 グループステージ第2戦 0-2 U-20ウルグアイ代表
(Suwon World Cup Stadium/Suwon)
5月25日(木) TBC トレーニング
5月26日(金) PM トレーニング
5月27日(土) 20:00 グループステージ第3戦 2-2 U-20イタリア代表
(Cheonan Sports Complex/Cheonan)
5/30(火)Round of 16 ラウンド16 0-1 U-20ベネズエラ代表
(Daejeon World Cup Stadium/Daejeon)

6/4(日) or 6/5(月) 15:00/18:00
17:00/20:00 準々決勝(Jeonju/Daejeon/Suwon/Cheonan)
6月8日(木) 17:00/20:00 準決勝(Daejeon/Jeonju)
6月11日(日) 15:30/19:00 3位決定戦/決勝(Suwon World Cup Stadium)
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※時間は全て現地時間です。

参照・引用:JFA

関連記事

最後に

5大会ぶりにFIFA U-20ワールドカップに出場した日本はラウンド16でまさに死闘と呼べる120分の試合を戦いました。今大会はここで終了となりましたがU-20日本代表の今後の活躍が楽しみですね。ジュニアサッカーNEWSではU-20日本代表の情報が入り次第また配信していきます。

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード広報栗原
こんにちは。
猫への愛が異常な広報栗原です。

最近は猫がにゃん玉ωをとってからとても懐いてくれて幸せってこういうことかと毎日噛みしめています。

うちの猫には窓越しにニャンこらお話しする猫の彼女がいるのですが、彼女を呼ぶときに「わんわーん!」と鳴くのがたいそうウケるので動画撮影できたらSNSに載せたいな、と思っています。

あっジュニアサッカーNEWSの仕事も頑張ろうと思っています。←

コメント欄

*

今週の人気記事ベスト10

ジュニアサッカー応援団’S

PROJECT OFFER
フレア合同会社
ペナスタ博多
那珂南FC
Return Top